松本穂香主演の映画「君が世界のはじまり」の完成披露イベントが、6月29日に東京・アーツ千代田3331で開催された。

本作は監督を務めるふくだももこが自身の小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を再構築した物語で、「愚行録」などを手掛けた向井康介が脚本を担当。

物語は大阪の端っこの、とある町が舞台。心の底で鬱屈とした思いを抱えながら学校生活を送る6人の少年少女の切なく熱い青春を、ブルーハーツの名曲「人にやさしく」「キスしてほしい」などで彩りながら描いていく。

この日のイベントには、主人公・えん役の松本の他、えんの幼なじみ・琴子役の中田青渚、純役・片山友希、伊尾役・金子大地、岡田役・甲斐翔真、業平(なりひら)役・小室ぺい、ふくだ監督が登壇した。

共感できるキャラクターを聞かれると、松本は片山が演じた純を挙げ、「私もモヤモヤして、親に対して、愛情があるからこそツンツンしちゃう、イライラしちゃうことが、あそこまではないですけど、私にもそういうところがあります」と回答。共演者からは「意外です」と驚きの声が。

松本と2度目のタッグを組んだふくだ監督は「今回、若いキャストが多かったのと経験が少ない子も何人かいたので、穂香ちゃんにはちょっと私の方に来てほしかったんです。穂香ちゃんは大丈夫だと思っていて、何を言ってもやってくれましたし、信頼感がありました」と、期待に応えた松本を絶賛。

■ 金子大地「チャラチャラしたクソみたいな野郎でした(笑)」

キャストたちは“高校生の時の一方通行だった思い出”を尋ねられ、金子大地は「伊尾とは全く違う青春時代を過ごしました。今、『悩みあったかな?』って思い出そうとしても出てこないぐらい楽しかったです。今、楽しければいいみたいなチャラチャラしたクソみたいな野郎でした(笑)」と答えて場を和ませた。

小室ぺいは「高校の時は軽音部でライブもあったんですけど、誰も見に来てくれなくて寂しかったです。みんな、ダンス部とか見に行っちゃうから…」と振り返ると、松本穂香も「私は演劇部だったので、視聴覚室でひっそりとやったり、全然人が来なかったです」と小室に共感。さらに「いろんな役をやりましたよ。冷凍マグロの役とか、アニメ好きの子が考えてる台本だったので、私がベルを鳴らすと時が止まるとか(笑)。それを人が少ないところで一生懸命演じてました」と告白した。

甲斐翔真は「僕はいろんなことを考えて一方通行じゃなかったですね。サッカーだけをやってて…」と話し始めたが、「あ、サッカーだけをやってたということは一方通行か! 僕の青春はサッカーでしたね」とサッカーに夢中になっていたことを明かした。

中田青渚は「一方通行はあんまりなかったので、琴子を新鮮に演じられました。一方通行を経験したいです」と、片山友希は「私は今と高校時代は全く変わってないんですけど、3人姉妹の一番下なんですね。一番上のお姉ちゃんが思春期の時に8年間ずっと無視されてました。今は大丈夫なんで(笑)」と答えた。

最後は松本が「本当に面白いすてきな映画が出来たと思います。見ての通り、すてきなキャストさんと監督さんとスタッフさんで、全員が全員主役の映画、こんなにしっかりと一人一人が描かれている映画は他にないんじゃないかなって思います。ぜひ映画を楽しんでください」と映画の魅力をアピールし、会見を締めくくった。

映画「君が世界のはじまり」は2020年7月31日(金)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)