6月28日放送の「有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(テレビ東京系)で、有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志が、ゲストの池田美優、高田秋、久間田琳加、大原優乃、石田ニコルとゲーム対決。リモートで「スプラトゥーン2」をプレイした。対戦後は有吉がゲームプレイを総括。女性ゲスト陣のチームワークについて言及する一幕があった。

オープニングは、有吉とトシの2人が久しぶりにスタジオでトーク。トシは、番組の企画で自身が作詞を手掛ける「カレーソングプロジェクト」について、作曲をKing Gnu、Official髭男dismにオファーしたところ、残念ながら断られてしまったことを報告。それを聞いた有吉は「1回(のオファー)じゃダメよ。三顧の礼って言葉があってね、やっぱり3回は行かないと!」と背中を押すが、トシは「何回か行ったはずなんですけどねぇ〜」と苦笑い。有吉は「あの人は? ドルチェ&ガッバーナの歌うたってる人。まだ若手だから、言うこと聞いてくれるんじゃない?(笑)」と、2019年に「香水」でデビューしたシンガーソングライターの瑛人を推薦。「あの人、超カッコいいんだもん。昨日覚えたから!」と話すと、実はトシの子どももファンらしく、改めて「じゃあ瑛人さん、よろしくお願いします!」と2人で頭を下げた。

その後、リモートでタカと田中と中継をつなぐと、タカから「毎回毎回(リモートの)セッティングが大変なんですよ」と愚痴が。「これ、別でギャラっていただけないんですかね? 技術料的なのは…」と嘆くと、有吉は「多少考えてあげてもいいんじゃない?」とすかさずフォロー。いつもタカに甘すぎる有吉に、トシが「優しすぎるんですよ!」とツッコんだ。

そして、池田美優、高田秋、久間田琳加、大原優乃、石田ニコルの“紅一点ゲスト軍団”が、それぞれの“ガチ自宅”からリモート参戦。有吉弘行は、初出演の大原に対し、「大原ちゃんはあれなんだよ、怖い社長に監禁されてるんだよな?(笑)」ととんでもないことを言い出し、「いやいや水着のグラビアやらされて(笑)。かわいそうに」と、遠慮がちで声も小さめな大原をリラックスさせようと(?)早速ひとイジり。続いて、池田に対しては「みちょぱ(の肌)がもう〜、白くてさ! 俺、マジで怒り抑えてるからね。約束違うじゃない? 一生黒ギャルっていう約束でしょ?」と言いがかりをつけ始める。「いつ約束したんですか!」と言い返す池田を、「茂出木さんの色、見た?(笑)」と、番組でおなじみの料理人・茂出木浩司氏の日に焼けた顔を引き合いに出し、さらにあおる有吉。池田の「あれと比べないで! あれは無理!!」という反応に、一同は大爆笑した。

肝心のゲームでは、有吉ら“四天王”が見事なチームプレイを披露し、“紅一点軍団”を封じ込んで完全勝利。この結果を受け、有吉は「はっきり言うとね、女性陣はリアルで仲良くないってこと(笑)」と総括。ほぼ初共演の5人は、ただうなずくばかりだった。

ネット上では「有吉さんの優乃ちゃんイジりが面白すぎた」「石田ちゃんのゲームプレイは本当にいいよね。ゲストで出るとテンション上がる」「みちょぱのツッコミは素晴らしい。四天王が自由にボケられるのも全部みちょぱのおかげ!」などの声が上がった。

次回は7月5日(日)放送。日向坂46・松田好花をゲストに迎え、「クラッシュ・ロワイヤル」をプレイする。(ザテレビジョン)