動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信中のParaviオリジナルドラマ「love distance」。“愛”と“キョリ”がテーマに、“withコロナ時代”という変わり続ける世の中で、同じマンションに暮らす男女を通して、今だからこそ大切にしたい心の距離を描いた作品だ。

登場人物は、603号室に暮らす結婚3年目となる仲良し夫婦の美和(水川あさみ)と彰(清原翔)、602号室に住むフォトグラファーの千秋(渡邊圭祐)、601号室でルームシェアする人気“NewTuber”のアンナ(馬場ふみか)とミナト(板垣瑞生)、ショウ(中尾暢樹)の男女6人が、さまざまな恋愛を繰り広げていく。

今回は、動画配信サイト・NewTubeの「アンミナチャンネル」で人気の“NewTuber”3人組を演じた馬場、板垣、中尾にインタビュー。元恋人同士のアンナとミナト、そしてミナトに思いを寄せるショウという関係性は、どんな風に作られたのか、それぞれの印象や撮影時のエピソード、また、コロナで変わった大切な人との距離感について聞いた。

■ NewTube撮影は毎回汗だく

――今回演じた役と似ている部分や、演じていて難しかったことはありますか?

馬場「演じるアンナと似てる部分は、ズバッとなんでも言っちゃうところですね(笑)。普段はカメラを見ないようにお芝居をしますが、“NewTuber”のシーンはカメラに対してアピールするように撮影していたので、いつもとテンションが違うし、難しかったです。実際の動画配信サイトを見て、このくらいのテンションでやっているんだなと勉強したり。でも、新たなことだったので、楽しかったですね」

板垣「劇中、“NewTuber”の企画でミナトが美和に突撃で声を掛けることがあったんですが、そういうやったことのない企画はやってみたいなって思いました(笑)」

中尾「やりたいんだ(笑)」

馬場「(爆笑)」

板垣「NewTubeの撮影ではテンションを上げないといけなかったので、大変でしたね」

中尾「毎回、汗だくだったもんね(笑)」

板垣「久々にテンションを上げると、代謝が良くなりすぎちゃって(笑)。あと、中尾くんと馬場さんが雰囲気を作ってくださったので、そういう部分もあって、テンション上がってしまい…」

中尾「おいおい、土足で踏み込んできたのがそっちだからね(笑)」

馬場「無邪気にね(笑)」

板垣「(笑)」

中尾「今回、3人で雰囲気を作り上げていくシーンが多かったので、やっていく内にそれぞれの立ち位置が分かってきて、途中からはテンポよく撮れるようになって。あと、僕が演じるショウは同性のミナトに思いを寄せる役だったので、入る前は結構、考えましたね。監督とも、ショウはミナトへの愛があれば1個確立していればいいという話はしていました」

■ このかわいさだったら好きになれそう(中尾)

――意外な役でしたね。

中尾「自分でもビックリしました。でも、現場に入ってミナト(板垣)を見て、このかわいさだったらいけるかなと。無邪気な笑顔を見て、好きになれそうだと思いました(笑)」

馬場・板垣「(爆笑)」

馬場「ミナトとショウが2人で恋話をしているシーンがあるんですけど、ショウの純粋な思いが伝わってくるんです。性別関係なく、恋してる顔がステキだなと思いました」

板垣「確かに。本当に中尾くんが演じたショウの気持ちがピュアで。僕がミナトの立場だったらいいのに、ってちょっと思いましたね。イケメンですし」

中尾「お前に言われたくないわ(笑)。でもうれしいですね。アンナとミナトも、元恋人だけど一緒にいるっていう関係性だったので、2人は、距離感がすごく難しそうだなと感じてたよ」

板垣「若干ドキドキもありつつみたいな感じで、ずっと汗かいてましたもん(笑)」

馬場「アンナはミナトの思いが残っているのを全く気付いていないわけでもないので、変に近づきすぎてもいけない、でもずっと一緒に暮らしているからそんなこと考えてられないのかなとも思ったし。距離間が難しかったですね」

板垣「僕もなくはないなと思いつつ、リアルに不思議な気持ちで演じていました。役者としては、みんなが最終的に三角関係になる部分を面白がって演じていた気がします」

馬場「開き直っている感じはあったよね(笑)」

板垣「確かに(笑)。でもそれがよかったし、画にもでてるかなと思います」

――撮影を通して、3人の距離が近くなっていそうですね。

中尾「そうですね。3人はずっと一緒だったので、すごく仲良くなりましたね。板垣くんが、すごく純粋に現場を明るくしてくれて」

馬場「そうだね。助かりました」

板垣「いやいや、2人が本当にステキな方だったから…(笑)」

中尾「(笑)」

馬場「ずっとかわいくて仕方なかったもん(笑)」

板垣「そんな風に思ってたんですか!? 全然そういう感じじゃなかったですけど(笑)」

馬場「出すと気まずいかなと思ってたから(笑)。何言っててもかわいくて、生まれてきてくれてありがとうって思いました(笑)」

中尾「いや、ほんとかわいかったよね。もう全てにおいて、元気な少年なんですよ(笑)」

板垣「(笑)。2人ともすごく魅力的な方で、僕が20歳になる年なので、『みんなどうやって飲みに行くんですか?』と話をした時も、すごく向き合ってくれて。撮影以外でもたくさん話せてうれしかったです」

中尾「本当に仲良かったよね。『好きなご飯は?』『何でも好きだよ』みたいなことや、『子どもの時の夢は何?』とか、たわいもない会話をしていたんですけど、それが楽しかったです」

板垣「仕事がないと会えない関係だったので、盛り上がれて本当にうれしかったですね」

■ 人に会うことの素晴らしさを痛感(板垣)

――本作では「愛と心の距離」が描かれていますが、今回の期間で大切な人との距離感について意識は変わりましたか?

中尾「僕は難しいかも。会いたいし…」

板垣「人に会うことの素晴らしさは、久々に現場に行くと、痛感しましたね。会えなくてつらいと思っていただけで、会わない期間があったからこそ、会えたときうれしかったし。なんか今回の期間で性格が変わった人、いっぱいいそうじゃないですか? 僕もそうだし」

中尾「そうかもしれないね。自粛生活中に、オンラインとかでも人と話すと、心が晴れやかになるんですよね。もしかしたら物理的な距離は関係なくなってきているのかとも思いますね」

馬場「私は、会えなくても、ちゃんと自分の思いを伝えることは大事だなと感じて。もちろん会えるのが一番ですけど、自分の周りにいる大切な人たちを、より大切にしようという気持ちが強くなりました」

――逆に、家に一緒にいる時間が増え、近すぎて嫌なことが見えすぎてしまうケースもありますが、大切な人と常に近くにいるのはいかがですか?

中尾「いや…ちょっとダメかもな…(笑)」

板垣「どっちもダメじゃん!(笑)」

馬場「要はほどよい距離感ってことだよね? 会えるって分かってるから、ちょっと会えない日があっても大丈夫ってこと?」

中尾「はい、そうです(笑)」

板垣「う〜ん…、僕も近すぎるのもよくないかと思う(笑)」

中尾「いやぁ、ずっと一緒は難しいです!」

馬場「確かに、私も無理です(笑)」

中尾「今まで仕事とかで一人の時間があったのが、それがいきなりなくなったわけじゃないですか? いきなりそんなことになったら大変だよね」

板垣「ということは、やっぱり距離感が大事ってことですよね?」

馬場「うん」

中尾「それを気付いた人は多かったのかもね」

板垣「知らなくてもいい部分を知る怖さもあるしね」

※本文内タイトル「love」と「distance」の間、正しくは双方向矢印が入ります。(ザテレビジョン)