7月6日(月)放送の「ネプリーグ」(毎週月曜夜7:00-8:00、フジテレビ系)で、“日向坂46チーム”と“高学歴女芸人チーム”が対決する。

日向坂46チームは、渡邉美穂、丹生明里、金村美玖、松田好花と第2期生のメンバーが集結。高学歴女芸人チームは、大久保佳代子、ゆりやんレトリィバァ、相席スタート・山崎ケイが参戦する。

1stステージは、出題される物の名前やフレーズに英語で解答し、タワーの頂上を目指すゲーム「ハイパーイングリッシュブレインタワー」。

高学歴女芸人チームは日向坂46に対抗し、“がれき坂46”を結成。大久保は「こんな小娘に負けるわけがない」と日向坂46に宣戦布告をする。

一方、日向坂46チームの渡邉は「(英語)自信あります、好きです」と英語は得意と話し、クイズに挑む。

2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題に一人1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させるゲーム「ハイパーファイブリーグ」。

高学歴女芸人チームの山崎ケイは「間違える気もしない」と強気な発言をするが、2025年に行われる国内の大イベントの名前が出てこずスタジオが騒然となる。

また、日向坂46チームはメンバー全員が「(クイズ)いけると思います!」と強気の姿勢をみせるが、ニュースでよく見ているはずのある言葉にペンが止まってしまう。

3rdステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるゲーム「ハイパーボンバー」。

大久保佳代子は「負けるようなことがあれば、がれき坂46は解散します」と宣言し、問題に挑戦する。

日向坂46チームは、なにかと天然発言で不安要素の多い丹生明里が「大丈夫です! 任せてください!!」とポーズを決めるも、「自信だけあるな」とメンバーから突っ込まれてしまう。

※山崎ケイの「崎」は正しくは「立つさき」(ザテレビジョン)