7月5日(日)放送の「ロンドンハーツ 落ちて汚れて笑ってドッキリ2時間スペシャル」(夜9:00-10:54、テレビ朝日系)は、お笑い第七世代を待ち受けるドッキリ、伝説を生み出してきた名物企画「落とし穴」大賞と、ドッキリ満載で送る。

■ お笑い第七世代がドッキリで仲間割れ!?

兼近大樹(EXIT)、せいや(霜降り明星)、草薙航基(宮下草薙)の3人が、「体力測定」の収録と聞かされてスタジオに入ると、そこで待ち受けていたのは「心を合わせてドッキリ部屋脱出ゲーム」。これまで田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、有吉弘行、山崎弘也(アンタッチャブル)、千鳥らがだまされ、苦戦してきた企画に3人が挑む。

「顔面ハリセン」「スネ竹刀」「ビリビリ椅子」「パイ噴射」「毒霧」の5つのボタンが用意され、その中から他の二人が何を選択するかを予想して、3人が一致すればその仕掛けを受けることはないが、答えがそろわなかった時には自分の選んだ仕掛けは隣の人へ発動。3回連続で3人の予想が一致すれば部屋から脱出できる。

兼近の隣に座ったせいやは、開始早々「席変わりたい」と言い出し、「兼近のファン、強い子おるからたまに。やばいって」と、兼近のファンに責められることにビクビク。

草薙が「俺、ずーっとつらかった、去年1年間! あんまり好きじゃないんだよ、あんたらのこと」と突然まさかの告白。

ほか、兼近が分からないヒント(?)で二人を惑わせ、引っ掻き回すなど、てんやわんやの展開が繰り広げられる。

■ 初開催「落とし穴大賞」

ロンドンハーツの中でも名物となり、数々の伝説も生まれてきたのが「落とし穴」。その中から厳選し、落とし穴の大賞を決定する。

伝説の企画「ブラックメール」からは、ロシアを舞台に行われた出川哲朗編を。日本を離れ、ロシアの地で雪の中に掘られた巨大な落とし穴へ落ちる瞬間は必見。

さらに、ドッキリのためなら建物も建ててしまうのがロンドンハーツ。女の子の自宅かと思い込み吉村崇(平成ノブシコブシ)が向かったのは、実は番組が建てた家で、浮かれる吉村が家の2階から1階へ落ちる。

さらに、韓国に偽の警察署を建設し、強制連行された村上健志(フルーツポンチ)は牢屋へと落とされる。

その他、50Aこと狩野英孝をはじめ、さまざまな芸人たちが落とし穴に落ちる爆笑の瞬間や、仕掛け人女性が落とし穴に落ちてしまったり、だます前に落とし穴が勝手に崩れてしまったハプニング集など、名作「落とし穴」が続々登場する。(ザテレビジョン)