7月5日(日)放送の「おしゃれイズム 夏の豪華1時間スペシャル」(夜10:00‐11:00、日本テレビ系)に、長澤まさみと小泉孝太郎がゲスト出演。二人の意外な私生活や知られざる素顔が明かされる。

長澤が同番組に登場するのは実に9年ぶり。今回は、幼少期からデビューのきっかけまでを振り返るほか、先ごろ続編の製作も決まった映画「キングダム」(2019年)の撮影秘話を披露。「撮影現場は戦いだった」と言い、年下女優からダメ出しを受けたという逸話も明かす。また、本当は心配性だという意外な一面も明らかに。悩みを相談する相手についても打ち明ける。

さらに、長澤の貴重な自宅写真も公開。「雑巾掛けが日課」「物をあまり置かないのがこだわり」といったプライベートの姿をひもといていく。

また、自分にとっての第二の故郷だという東京・中野についてもトーク。中野の街での思い出を語るほか、今でも忘れられないある場所を紹介する。

■ 幼なじみ・上地雄輔が、小泉孝太郎の素顔を告白!

一方、小泉孝太郎は番組初登場。“総理の息子”として華々しくデビューしたが、そのイメージは不本意だったという当時の心境を告白するほか、デビュー直後の貴重映像も公開。「軍隊のようだった」という小泉家の厳しいしつけにまつわる思い出から、弟・進次郎の結婚秘話まで、赤裸々に語り尽くす。

また小泉は、お気に入りのグッズをスタジオに持参。すると、“2年間試し書きをしてから購入したペン”や、“用途によって使い分けているメモ帳”など、グッズに対するこだわりが明らかに。さらに、こだわりが強すぎて、特注で作ってしまったというあるグッズも登場し、出演者一同を驚かせる。

さらには、小泉の幼なじみ・上地雄輔が、小泉の意外な素顔を告白。そして、小泉が今一番会いたい人“リンダちゃん”がスタジオに登場する。(ザテレビジョン)