シンガーソングライター・広瀬香美が、無観客・配信ライブ「広瀬香美 SUMMER TOUR 2020 〜Singing with 鳥山雄司 & 武部聡志〜」を、7月5日に東京・ブルーノート東京で開催した。

ギタリスト・鳥山雄司、ピアニスト・武部聡志との3人のステージで、広瀬は「DEAR...again」「promise」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「ロマンスの神様」などオリジナル曲を披露。

ほか、視聴者からのリクエストにリアルタイムに応えるコーナーや、登録者数が26万人を突破しているYouTubeの人気企画「歌ってみた」コーナーを、ライブで初めて実施した。

■ 世間の反響に「ビックリ」

ライブ前には囲み取材に応じた広瀬。毎年行われている夏のツアーの初日だったこの日に、初めて配信ライブを行うことについて「めちゃめちゃ楽しみです。私は音楽しか取り柄がありませんから(笑)、歌声で、サウンドで『皆さんを元気に!』という意気込みで、今日は声高らかに歌わせていただきます」と意気込みを語った。

外出自粛中は「新しいことは始めていません。音楽を堪能する時間に費やしていました」と言うが、YouTubeで配信している「歌ってみた」が話題に。

「自粛ということで、家にずっといる時間が長かったですから、新曲を書く気分じゃないなと思っていた中、チャンネルを開設したし、大好きな曲を演奏してみようかなと思い立ちまして。それでやり始めたものが、こんなに(話題に)なっちゃったので、想像していませんでした。反応にビックリしています」と、世間の反応の驚いたと明かす。

演奏中に手のひらで鍵盤をたたいたり、膝を使って演奏する姿で視聴者を驚かせているが、「小さい時からピアノを弾きながら、遊びながらやっていたことなので、私的には特殊なことでなく、皆さんが『ぶっちゃっていいの?』『蹴っていいの?』っ言ってくださっているのが、私には日常だったのでビックリしています」と語り、「ピアノは打楽器だと思っています(笑)」と、いたずらっぽく笑った。

ほか、二日後の七夕で「短冊に願いごとを書くとしたら?」という質問には、「何を願うだろう…。次の『歌ってみた』の納品なので、うまくいきますようにって。ちょうど納品日なんです(笑)」と言って、報道陣を笑わせた。

本ライブは7月12日(日)深夜0時までアーカイブ配信される。また、収益の一部は「新型コロナウイルス」医療従事者へ寄付される。

■ 「広瀬香美 SUMMER TOUR 2020 〜Singing with 鳥山雄司 & 武部聡志〜」セットリスト

01 愛があれば大丈夫

02 DEAR...again

03 Over the Rainbow(カバー曲)

04 promise

<リクエストのコーナー>僕がそばに...

<歌ってみたコーナー>WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント(H Jungle with t)

07 二人のBirthday

08 ピアニシモ

09 月の下で逢いましょう

10 ゲレンデがとけるほど恋したい

11 ロマンスの神様(ザテレビジョン)