「日本レースクイーン大賞」でグランプリを受賞、先日惜しまれつつレースクイーンを卒業した川村那月が、2月22日に“最後”のイメージDVD&Blu-ray「Graduation」(ラインコミュニケーションズ)を発売。新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期となっていたリリースイベントを改めて開催した。

イベント終了後には、感染拡大防止に十分配慮した上で、川村が囲み取材に応じた。

「今回(イベントの開催が)延期となってしまって、ちょっと時期はずれてしまったんですけど、レースクイーンとして最後のイメージDVDということで、レースクイーンを3年やってきて、3年間の感謝の思いを込めたDVDになっています」と、まずはファンに向けてメッセージを残した。

そんなメモリアルな今作は、昨年12月頃、グアムで撮影された。川村は「初めてのグアムだったんですけど、距離を移動しなくてもすごくいろんなロケーションが撮れて、すごくグアムが大好きになっちゃったので、思い出のDVDになりました」と笑顔をのぞかせた。

■ シーツを引っ張り合う

グアムでの彼氏とのデートを中心に、さまざまなシーンが描かれているという。

「海で楽しく遊んでいるようなシーンもあるんですけど、今回、緊張したのは、ベッドでシーツを引っ張り合うシーンが初挑戦で(笑)。なかなか具合が難しくて…大暴れしているように見えたりとか(笑)。

最終的にはかなりラブラブしているような感じに見えたのではないかなと思います。ちょっと見てほしいシーンですね」と照れ笑い。

中でも一番セクシーだと思うシーンについては「ちょっと格好いい、黒いワンピースタイプの衣装を着たんですけど、そういうのも今まで着たことがなかったので、ちょっとクールな川村那月が見られるかなと思います。

夜、デートが終わって家に帰ってきたという設定のところで、ちょっとセクシーな衣装を着ているという感じですね」とアピールしていた。(ザテレビジョン)