7月8日(水)に「アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル どうぶつ軍VSにんげん軍」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)が放送される。

同番組は、“どうぶつ軍”代表の柴田英嗣と“にんげん軍”代表の山崎弘也が、動物と人間それぞれの“おバカワいい”映像を見せながらプレゼンバトルを行うバラエティーの第2弾で、世界中から集めた動物と人間の“おバカワいい映像”を紹介。

「なんでそうなっちゃう!?おっちょこちょいバトル」や「え〜まさかのリアクションバトル」など、部門ごとに分けて、動物と人間それぞれの映像を見せ合う。

“どうぶつ軍”の映像では、自分のお尻の匂いを嗅いで驚くネコや、おっさんのようにソファに座るイヌを、“にんげん軍”の映像では、誕生日ケーキを食べられてしまった赤ちゃんのリアクションや、チラ見しながら泣く赤ちゃんの映像などを公開する。

そして、今回から“にんげん軍”のVTRに“天然おバカワ芸能人”も登場。EXIT、生見愛瑠、ぺこぱ、丸山桂里奈、宮下草薙らがさまざまなことに挑戦する。「おバカワちゃんが三三七拍子をやってみた」では、三三七拍子を知らない生見愛瑠や草薙航基が奇妙な踊りを披露する。

■ フワちゃんが“おバカワ動画”の撮影に挑戦!

「おバカワちゃんが絵を描いてみた」では、“別府ちゃん”ことエイトブリッジ・別府ともひこの描いたパンダのイラストがスタジオを凍り付かせる他、スポーツ界からはラグビーワールドカップ2019・日本代表の中島イシレリ選手も出演。その屈強な体からは想像できないほどのおちゃめでかわいらしい一面を見せる。

また、中島はフワちゃんと共に“おバカワ動画”の撮影ロケも敢行。“猫カフェ”では、中島が猫耳を付けて、ネコと一緒の動きをするシンクロ動画の撮影にチャレンジする。しかし、二人はロケに飽きてしまい、スマホで遊びはじめたりと予想外の行動を連発する。

さらに、スタジオでは、かわいい動物と“おバカワいい映像”を撮影できるかにMCのアンタッチャブルとゲストのかまいたち、白濱亜嵐、高嶋ちさ子、フワちゃんが挑戦。イヌが大好きな高嶋は、“コッカプー”というアメリカで大人気のミックス犬との撮影に挑む。

山崎とフワちゃんがカメラマンとなり、高嶋とコッカプーの“おバカワ動画”の撮影を試みるも、高嶋の周りにコッカプーが集まらなかったり、山崎とフワちゃんがふざけ始めたりと、トラブルが連発。他にも、高嶋と白濱が大型犬とSNSで話題の「おんぶ犬」に挑戦したり、生後4カ月のヒツジと一緒に動画撮影にチャレンジする。

■ アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)のコメント

――収録を終えての感想を教えてください。

柴田:第1弾の放送から約4カ月という短いスパンで第2弾、さらに放送時間も前回から1時間拡大したということで、相当期待されてるなと思ったと同時に、その期待が非常にうれしいです。

山崎:放送時間が前回の2時間から3時間になって、これをどんどん続けていくことによって、いつかは27時間やれればなぁ(笑)。いつか“おバカワいい27時間”をお送りしたいです。

――第1弾に比べてパワーアップしたところは?

柴田:まずは出ているゲストがスタジオ、VTRともに豪華ですよね。その出演者たちが“おバカワいい映像”を作るためにハプニングに巻き込まれたりしているところは必見ですね。

山崎:前回は、世界中の“おバカワいい映像”を集めて紹介しましたが、今回はそんなVTRもさることながら、“おバカワ軍団”と呼ぶべき、豪華なゲストによって番組オリジナルの“おバカワいい映像”が作られているというところですね!

その中でもフワちゃんは、まさに“おバカワ”って感じが本人からして、良いアイコンですよね。“おバカワいい映像”を作るのにふさわしいぴったりな存在。これからはフワちゃんに番組を引っ張ってもらいたい!

――ご自身の身の回りに“おバカワいい”人はいますか?

柴田:友人にお金持ちの子がいて、昔深夜1時くらいに財布を落としちゃって、「交番行った方がいいんじゃない?」って言ったら、「この時間に交番やってます?」って言われたんですよ。交番が閉まることがあると思ってて、“おバカワいい”やつだなって思いましたね(笑)。

山崎:娘が3歳でしゃべれるようになってきたんです。いろんな言葉を覚えるんですけど、子どもなので、言葉を間違えてヒヤッとする場面もあって。公園で友達やそのお母さんに会ったときに、「おまえ、なに?」って言うんです。「めちゃめちゃけんか売ってるじゃん!」と思って(笑)。

でも本当は、「おなまえ、なに?」って言いたいみたいなんです。そこらへんは“おバカワいい”ですよね。“な”がないだけでこんなに違うんだって(笑)。

――番組の見どころを教えてください。

柴田:これまで動物と触れ合ってきた人も、そうではない人も、“動物ってこんなにかわいいところあるんだ!”という新しい一面や天真らんまんで無邪気なところをたくさん見れますし、これを見れば動物をさらに好きになると思います!

山崎:こういう番組はVTRがすごく面白く作られているんですが、ワイプで顔を抜かれているときに、たまにワイプの中で「音声は入ってないけど、何かしゃべってるな?」と思う場面があると思います。その時のぼくの口の動きを見てほしいですね! “おバカワいい”おじさんが一体何を話しているのか、そういう細かいところまで見ていただきたいです!(ザテレビジョン)