7月8日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、薬丸裕英が2005年以来、およそ15年ぶりに登場。ジャニーズ事務所退所後も、ジャニーズの後輩たちと交流があるという薬丸が、人生を大きく変えた運命的な出会いや、ジャニー喜多川氏との思い出を振り返る。

薬丸が、1989年にジャニーズ事務所を退所した後も、少年隊・東山紀之からジャニーズWEST・中間淳太まで世代を超えた幅広い交友関係があることを明かすと、TOKIOは「俺たちより広いですよ!」と仰天。

その出会いは仕事だけでなく、中には「ジムのプールで、きれいに泳いでいる人がいるなぁとひとめぼれ。その後、ロッカールームで声を掛けた」ことがきっかけで交流が始まったという後輩も。

薬丸が交友関係を大切にしていることがうかがえるエピソードに、長瀬智也は「すてきな関係ですね」と感銘を受ける。

しかし、そんな薬丸が唯一クレームを言いたい相手というのが、嵐の二宮和也。TOKIOも「あいつそういうとこあるんだよな!」と口々に話し、二宮の素顔が明かされていく。

■ キンプリ出演舞台でジャニー喜多川氏からサプライズ

そして、薬丸が「感謝しかない」と語る、恩師・ジャニー喜多川氏との思い出を振り返る。

同級生の付き添いで行ったオーディションで「YOUもレッスン受けに来ない?」と声を掛けられたのが初対面だったという。

当時14歳の薬丸は「知らない単語で、何を言っているか分からなかった」と戸惑いつつ、その言葉がきっかけでレッスンに通い始めることに。しかし、あるきっかけでレッスンに通わなくなってしまう。

だが、それから1年後、ジャニー喜多川氏から薬丸の運命を大きく変えることになる1本の電話がかかってきたと話す。

ほかにも、デビュー前のKing & Princeが出演した舞台「JOHNNYS' Happy New Year IsLAND」(2018年)に東山と訪れた際、実はジャニー喜多川氏が薬丸にサプライズを仕掛けていたことが明かされる。そのサプライズに薬丸は「度肝を抜かれた」と語った。

さらに、手渡しでもらった初給料や、「僕の娘にジャニーさんが話した内容を聞いて、鳥肌が立った」という家族との交流など、薬丸にしか語ることができないジャニー喜多川氏のエピソードにTOKIOも興奮。

最後に、先輩の薬丸がTOKIOへエールを送り、「25年もアイドルを続けているのはすごい」とTOKIOをたたえ、感動的なムードに包まれる。しかし、城島茂に向けたメッセージでスタジオの空気が一変する。(ザテレビジョン)