7月10日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、神尾楓珠とチュートリアル・福田充徳が登場。また、放送作家・野々村友紀子が全力解説員として初出演する。

■ やる気の出ない人たちを一喝

オープニングでは福田が、キャスターの小澤陽子アナの気遣いで、かえっておかしな紹介の仕方をされてしまい、微妙な空気の中で番組の幕が開ける。

特集のテーマは「ステイホーム疲れ」問題。人々の生活が少しずつ元の形に戻りつつある今、自粛生活の反動で気が抜けてしまった人、やる気が出ない人が増えているという。そこで、自身の行動を正すため「大人に叱ってもらいたい」という人がスタジオに登場し、出演者たちが一喝する。

しかし、アリタ哲平(有田哲平)が趣旨説明をしている間、神尾はまったく話を聞いておらず、完全に上の空。神尾もまた“ステイホーム疲れ”にさいなまれていることが発覚する。

全力解説員が次々と、やる気の出ない人らを叱りつつアドバイスする中、その様子をぼんやりと眺めるだけだった神尾にも野々村が“喝”を食らわすことに。すると、神尾と野々村が絶妙な掛け合いを見せるという、まさかの展開が繰り広げられる。

エンディングでは、チュートリアルの漫才が大好きだという神尾のために、ある“刺客”が登場する。

収録後、神尾が福田らとの共演を振り返った。

■ 神尾楓珠コメント

――収録を終えた感想は?

めちゃくちゃ緊張しましたけど、すっごく楽しかったです。とにかく笑うのを我慢するのが大変でしたね。僕は、笑いのツボがかなり浅いので(笑)。

――一番笑いをこらえるのが大変だった場面は?

オープニングです(笑)。あの独特の空気の中で、福田さんが有田さんにツッコんだ瞬間、「あっ、これヤバいかも…」って、いきなり不安になりました(笑)。それと、やっぱりエンディングはヤバかったですね。あれで笑わない人はいないんじゃないかと思います(笑)。

――“ステイホーム疲れ”のキャラクターに徹するのも、かなり苦労されたのでは?

そうですね、ぼーっとしてなきゃいけないのに、つい、ちゃんと話を聞いちゃうんですよ(笑)。他にも、話に割って入るときのタイミングだったり、声のトーンだったり、すごく難しかったです。あと、野々村さんから叱られるくだりも大変で。今回は完全に、野々村さんにリードしていただいた感じですね。野々村さんは番組初出演だそうですけど、そんな雰囲気は全然なかったですよね。

――番組中、チュートリアルの漫才が好きだとおっしゃっていましたが。

はい!本当に僕、チュートリアルさんの大ファンなんですよ。M-1(グランプリ)で優勝したときの“自転車のチリンチリン”のネタも、本当に全部覚えてます。

――最後に、視聴者に向けて、メッセージをお願いします。

一生懸命、ぼーっとし続けたので、そのすっとぼけた表情を見てほしいです(笑)。それと、エンディングは絶対に見ていただきたいですね。特にチュートリアルさんのファンの方は、間違いなく爆笑してしまうと思います(笑)。(ザテレビジョン)