波瑠主演の“新感覚の爽快ミステリー”「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)のシーズン2が、8月6日(木)からスタートすることが決定。また、初回は夜8時から2時間スペシャルで放送することが分かり、波瑠らから意気込みのコメントも到着した。

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する本作。

2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマとして放送され、その後、2019年4月28日にはドラマスペシャルとして“東京と京都を舞台にした物語”を展開した。

そして、今回もこれまで通り脚本は、朝の連続テレビ小説「あさが来た」(2015年-2016年、NHK総合ほか)、2021年放送の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)などで知られるヒットメーカー・大森美香が手掛ける。

大森が紡ぐ秀逸なプロット、息遣いまで聞こえるような緻密なキャラクター描写をベースに、朋&理沙の名コンビが、“一筋縄では行かない令和の未解決事件”に颯爽と立ち向かっていく姿が描かれる。

また、シーズン2でも朋&理沙が所属する第6係(文書解読係)に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じる沢村一樹を筆頭に、あの濃厚男性陣も引き続き登場。

朋&理沙の仲間である第6係のメンバーを演じる遠藤憲一(草加慎司)&高田純次(財津喜延)、そして「倉庫番」とやゆされる第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守を演じる工藤阿須加も健在。

そして、今回は山内圭哉が演じてきた第5係の刑事・桑部一郎が、同部署の係長に昇進するという珍事も起こるなど、男性陣の活躍にも期待が集まる。

さらに、新レギュラーキャストの参戦も決定しており、今後の発表が待ち遠しい。

■ 波瑠からのコメント

刑事ものはセリフも難しく、演じる側としては大変ではあるんですけど、Season1とスペシャルを経て、また続編があるといいなと思っていました。

なので、Season2が決まったときは、すごくうれしかったです。と同時に、「未解決の女」は私の周りでもすごく評判がよかったので、「あっ、やっぱり!」という感覚もありました。今は、また一層頑張らなきゃな、と気を引き締めています。

京香さんとは先日、撮影現場で約1年ぶりにお会いしたんですけど、自粛期間中はご自宅にずっといらっしゃったと思うのですが、さすが女優さんはいつでもキレイなんだなぁって思いました(笑)。

今回の撮影現場ではフェイスシールドを付けたり、手洗いなどにも気を付けたり…と、スタッフの皆さんが以前より気を配っていて、撮影の進め方もやはり変わったなと感じます。

でも、ドラマ自体の温度感は以前のままで、現場も基本的ににぎやかな雰囲気!「こんなに久しぶりなのに、皆さんと楽しくおしゃべりができてよかった!」という安心感があります。

Season2は、矢代たちが第1話から難解な事件に立ち向かいます。現在起きた事件を追うだけじゃなく、時間を巻き戻して過去の未解決事件とつなぎ合わせて考えていく捜査展開は、台本を読んでいても難しいなぁと思いますけど、そこで明らかになるトリックはやっぱり大きな見どころです。

また、鳴海先輩と矢代のどこかで支え合っているような関係も、皆さんに楽しんでいただけたら、うれしいです。

■ 鈴木京香コメント

波瑠ちゃんとはさっそく現場でお会いしましたが、フェイスシールド越しにも澄んだ大きな瞳が印象的で!波瑠ちゃんはやっぱりいつもキレイな目をしているなぁ、と思いました。

「未解決の女」の現場は久しぶりですが、6係のセットも以前とまったく同じで、足を踏み入れた瞬間に時間の流れを忘れました。

もちろんフェイスシールドをしながらの撮影など、今回初めての経験もありますが、この状況をポジティブに取り込んで、新しい仕事の仕方をみんなで工夫していけたらいいなぁ、と心から思います。

Season2をご覧になる皆さんには“文書を中心とした謎解き”という、変わった切り口のサスペンスをぜひ楽しんでいただきたいです。

あとはやっぱり、個性豊かなキャストの関係性ですね!本当に「こんな刑事さんがいたら、いいなぁ!」と思う方たちばかりで、楽しくやっていますので、ぜひご覧ください。

■ 気になる第1話あらすじ

テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。

奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。それは、「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった。

警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希への聴取を開始。だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった――。

この未解決事件の発生から5年。警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。

被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていた。

話を聞いて、5年前の事件との関連性を疑う矢代朋(波瑠)と鳴海理沙(鈴木京香)ら「文書解読係」の面々。すると、いつもは「文書解読係」を見下している「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)が珍しく、直々に捜査を許可する。なぜなら、古賀と幸坂は高校の同級生だったからだ。

古賀の許しを得た朋は、大手を振って捜査を開始。幸坂殺害事件の発生時に「サイレントなんとか」という“謎の叫び声”が聴こえた、との情報を入手する。

一方、5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が、どうも引っかかる。だが、有田と幸坂の接点は一向に見つからず、捜査は難航。

そんな中、幸坂の本棚を洗い直した朋は、意外な人物とのつながりを発見すると同時に、「文書解読係」の主任・草加慎司(遠藤憲一)は、部屋の“あるもの”が気になる。

まもなく、幸坂の従兄だという岸川登が、わざわざ静岡から遺体を引き取るため、警視庁へ。彼の話から、2つの事件をつなぐ“驚愕(きょうがく)の事実”が明らかになる。

その頃、理沙は“新たな文字”に激しく反応。“とんでもないこと”を察してしまう。(ザテレビジョン)