篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第4話が7月8日に放送された。旭川支社で本社復帰を狙っていた元“主任”・東海林武(大泉洋)と春子(篠原)の丁々発止の絡みに視聴者から歓迎の声が上がった。(※以下、ネタバレがあります)

■ 東海林(大泉洋)のセールストークが冴え渡る!

同作は、スーパー派遣社員・大前春子の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年)の続編。

膨大な資格とスキルを武器に腕一本で生き抜く“最強派遣社員”大前春子(篠原)が、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」など、“令和時代の新たな働き方”に立ち向かっていく。

第4話では、悪天候による停電が原因で春子と新入社員・井手(杉野遥亮)が気温0.6℃の冷蔵倉庫に閉じ込められる展開に。

ところがその頃、S&Fには井手の母親で大口取引先企業の社長でもある美香(キムラ緑子)が来社中。姿が見えない井手を営業部員たちが探す間、たまたま本社に呼ばれて美香を出迎えていた東海林(大泉洋)が必死で時間稼ぎする…というストーリーが描かれた。

自ら企画した新商品「黒豆ビスコッティ」について熱くセールストークを展開する東海林に視聴者も「さすがの話術(笑)」と大盛り上がり。釧路湿原のタンチョウヅルが“ビスコッティ”と鳴いたからビスケットではなくビスコッティにした、というくだりでは「東海林天才(笑)」「これアドリブ?」「面白過ぎる!」の声が飛び交った。

そしていよいよ東海林と春子の対面シーン。春子の「その髪の毛…雷に打たれたんですか」に「打たれてねえわ!」と食い気味でつっこむ東海林の軽妙なやりとりには、前作からのファンが「こうでなくっちゃ!」「このやりとり大好き!」と喜びの声を上げた。

■ 第5話では「黒豆ビスコッティ」が波乱を巻き起こす

ラストでは驚きの展開も!「見てろ、ホントのサプライズはこれからだ」と意味ありげにほほ笑んだ東海林だったが、4話エンディングでは営業部の社員たちを前に「このたび、営業事業部営業一課課長に就任しました東海林武です。よろしくお願いします」とあいさつ。13年ぶりの本社へのカムバックを表明した。

前作からの春子の“天敵”東海林の本社復帰にファンからは歓迎の声が続々。さっそく目力対決も披露した春子と東海林にSNSでは「この二人最高!!」「とっくりとくるくるパーマの戦いがまた見られるとは!」の声があふれた。

だが、波乱の予感も…。7月15日(水)放送の第5話では、東海林が企画したお菓子「黒豆ビスコッティ」が一波乱巻き起こす。

“おいしく痩せる”との触れ込みで評判を呼ぶ「黒豆ビスコッティ」だが、100人の女性たちのアンケートを元にしたダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、東海林は謝罪会見にまで追い込まれる。データの元となるアンケートがシュレッダーにかけられたと知り、春子はジグソーパズル検定1級の腕前で東海林の窮地を救うべく立ち上がる。(ザテレビジョン)