篠原涼子が主演を務めるドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)で、杉野遥亮、中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)、吉谷彩子、山本舞香によるYouTube企画が日テレ公式YouTubeにて公開されている。

スーパー派遣社員・大前春子(篠原)の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年)の続編となる本作。今作より出演する4人が「社員チーム」「派遣チーム」に分かれ、スタッフからの難題に挑んでいくYouTube企画を実施中だ。

「罰ゲーム」をかけて行っていた紙芝居対決では、厳正なる審査の結果、「社員チーム」の杉野&中村が罰ゲームを受けることに。

今回執行される罰は「ADのお手伝い! 〜1000ピースのパズル作らなきゃ〜」と題し、第5話で実際に使用する1000ピースのパズルを番組ADと一緒に作成する。

第5話の撮影に間に合うように作らなければいけないため、一日で終わらなければ翌日も作業しなければならないのだが、杉野、中村ともに翌日はオフ。「パズルを作るためだけに来るってこと!?」と唖然としながらも、なんとか一日で完成させるため、撮影の合間を縫って必死にパズルに挑む二人。

“おうち時間”でパズルをやっていたという杉野のアドバイスのもと、スタッフとも協力しながら作業を進めるが、ネットの情報によると1000ピースのパズルの平均所要時間は10時間。

杉野と中村は、「気の遠くなる作業…」「精神的にじわじわくる罰ゲーム」と言いながらも、地道にパズルを作成していく。

しかし、一日で終わるはずもなく、翌日もパズルを作成することに。気合を入れるためにお互いの似顔絵を描いたTシャツを着用し、パズルの完成を目指す。

企画の模様は、日テレ公式YouTubeで配信中だ。

■ 第5話あらすじ

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武です」

東海林(大泉洋)が十三年ぶりに東京本社に戻ってきた。大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。

東海林は、おいしく痩せると北海道で評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。

しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。そして、検査分析士の資格を持つ春子が検査することに。

謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命ずる。

東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然(がくぜん)とする。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだから飛んできた」と聞かされる。(ザテレビジョン)