“真のコント王”を決める大会「キングオブコント2020」(決勝戦は2020年秋、TBS系で生放送予定)の予選1回戦が、7月8日からスタート。

例年は6月下旬から行われる予選1回戦。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で遅れが生じたが、無事、戦いの火ぶたが切られた。

予選会場は感染防止対策に伴い、客席を50%以下、東京会場は約10%に制限し、観客はソーシャルディスタンスを保っての観戦となった。また、出場者は感染防止に配慮された会場でコントを披露した。

今年、「キングオブコント」に4年ぶりの挑戦となったネイチャーバーガーが、ステージを終えた感想を語る。

■ ネイチャーバーガー・三浦リョースケコメント

普段漫才をしているので、キングオブコントも4年ぶりの挑戦ですが、とにかく僕らはお客さんの前でやれることがまだ少ないので、それだけで良かったなと思います。1回戦を突破できたら、とにかくネタをしっかり作りたいです。

■ ネイチャーバーガー・笹本はやてコメント

(感染防止対策と同時に、出場者が)最大の声を出せるように配慮をしていただいていたので気持ちよかったです。普段はあまりコントをやっていないので、慢心せずに今は結果を待って次のステージを目指します。

■ “異色コンビ”「せんちゃんいとちゃん」

また、今年も続々と挑戦者が名乗りを上げている中、「ナハナハ!」のギャグでおなじみのせんだみつおが、同じ事務所に所属するプロレスラー・カーベル伊藤とのコンビ「せんちゃんいとちゃん」を結成し、初参戦を表明。

千のうち三つしか本当のことを言わないことが芸名の由来となっている“せんみつ”ことせんだみつおは、「TBSの『ぎんざNOW!』(1972-1979年)から41年!古希を迎えての新たなチャレンジ!当たって砕けず頑張りますナハナハ!」と意気込みを語った。

また、相方のカーベルは「自動車販売・リース業の社長業では飽き足らず、プロレスに参戦して“四国統一タッグチャンピオン”を獲得しましたが、このたびお笑い界にも参戦です。師匠せんだみつおさんと組んで、キングオブコントのチャンピオンを目指します」と初参戦への抱負を述べた。

■ トリオ「お医者さんコンとゾマホン」

さらに、昨年初参戦し、2回戦で惜しくも敗退したギニア共和国出身のタレント、オスマン・サンコンと現役医師・大竹真一郎氏が結成したコンビ「お医者さんコン」が、元駐日ベナン共和国特命全権大使でタレントのゾマホン・ルフィンを新たに加え、トリオ「お医者さんコンとゾマホン」として参加を表明。

サンコンは「去年初めて出場して2回戦で残念ながら敗退してしまいました。今年はゾマホンを迎えて3人で頑張ります!」と意気込みを述べた。

初出場となるゾマホンは「サンコンさんは僕の大先輩、本当にお世話になっている。でも、この人(大竹)本当にお医者さん?怪しいねー!」と大竹医師をイジり早くも周囲の笑いを誘った。

一方で、優勝賞金1000万円の使い道についてゾマホンは「故郷、ベナンの福祉のために使いたい。リタイアした人のための施設をつくりたい」と真摯(しんし)な気持ちを語った。

■ 大竹真一郎氏コメント

昨年はオスマン・サンコンとコンビを組み、1回戦は勝つことができました。その勢いで2回戦に挑みましたが、優勝したどぶろっくさんや今をときめく方々が周りにいらっしゃって、雰囲気にのまれて2回戦で敗退してしまいました。

まだまだメンタルが弱いということで、それを強化するために助っ人としてゾマホンを迎えトリオで挑戦します。昨年以上の結果を目指して頑張ります!(ザテレビジョン)