動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が、音楽ライブショー「History of Pops 70’s」の配信をスタートした。

「History of Pops 70’s」は、2017年8月、東京・中野サンプラザホールで行われた音楽とドラマを融合させて、1970年代の名曲をつづったタイムトラベルライブショー。

音楽パートでは、類い稀な高い歌唱力を誇る三浦大知、CHEMISTRYの川畑要、上白石萌音、Little Glee Monster(芹奈・アサヒ・MAYU・かれん・manaka)の4組8人のアーティストが歌い手として出演。4組の単独ステージの他、三浦×川畑、三浦×上白石、川畑×上白石、上白石×リトグリ、リトグリメンバーのペア、トリオなどさまざまな組み合わせで、1970年代の名曲の数々を歌い上げる。

並んだ楽曲は、皆川おさむ「黒ネコのタンゴ」を皮切りに、歌謡曲、フォーク、ニューミュージック、アイドルからバンドまで、今も歌い継がれる名曲40曲以上を多彩にピックアップ。そして全体のテーマ曲「History」を、いきものがかり・山下穂尊が手掛ける。

リトグリメンバーがかわいい猫の鳴きまねをしてみたり、三浦×川畑が沢田研二「勝手にしやがれ」お決まりの歌いながら帽子を投げるパフォーマンスを見せたり、「いい日旅立ち」を三浦×上白石でデュエットしたりと、見どころ満載だ。

ドラマパートでは、入江雅人(歌屋敷弦太郎)・佐藤仁美(歌屋敷鈴)が夫婦を演じて、その子どもに恒松祐里(歌屋敷琴美)、市川理矩(歌屋敷拓人)、それぞれの恋人役で細貝圭(横山響)、伊藤梨沙子(真行寺奏)が出演(この舞台が、佐藤仁美・細貝圭の交際・結婚のきっかけ)。

1970年代を生きるこの一家の生活を、当時の事件や世相、流行、時代背景をふんだんに盛り込んで描く。そこに音楽の流行、ムーブメントも絡んでくる。

「ビートルズは仲がいいに決まってる」といった発言や、佐藤演じるお母さんの西城秀樹への入れ込みぶりなど、同時代を生きた人ならニヤッとしてしまうエピソードがふんだんに盛り込まれているところもユニークだ。

パフォーマンスを支える音楽監督・島田昌典が率いるバンド陣の生演奏も秀逸。コーラス・渡部沙智子もアーティストの歌唱を丁寧に支える仕事ぶりを見せる。

Paravi(パラビ)の動画音楽パートでは、演者のフォーメーション(並び)に合わせて、テロップの人名を表示。フォーメーションが変化すればテロップの並びも変化(「恋のダイヤル6700」「微笑がえし」など)するニクい細工が施されている。そんなちょっとしたサービスがうれしい。

■ 「History of Pops 70’s」楽曲一覧

「History」(テーマ曲/山下穂尊・作)三浦大知・川畑要・Little Glee Monster・上白石萌音・山下穂尊

「黒ネコのタンゴ」(1969年/皆川おさむ) Little Glee Monster<メインボーカル・アサヒ> 

「また逢う日まで」(1971年/尾崎紀世彦) 三浦大知 

「襟裳岬」(1974年/森進一) 川畑要  

「喝采」(1972年/ちあきなおみ) 上白石萌音

「あの素晴らしい愛をもう一度」(1971年/加藤和彦・北山修) 三浦大知・かれん

「結婚しようよ」(1972年/吉田拓郎) 三浦大知

「精霊流し」(1974年/グレープ) 川畑要

「なごり雪」(1975年/イルカ) 上白石萌音

「22才の別れ」(1975年/風) 三浦大知・川畑要

「神田川」(1973年/ 南こうせつとかぐや姫) Little Glee Monster<メインボーカル・芹奈> 

「時代」1975年/中島みゆき) 上白石萌音・川畑要

「恋のダイヤル6700」(1973年/フィンガー5) 三浦大知・MAYU・芹奈・manaka・川畑要

「ひとりじゃないの」(1972年/天地真理) かれん・アサヒ

「草原の輝き」(1973年/アグネス・チャン) 上白石萌音

「ペッパー警部」(1976年/ピンク・レディー) かれん・芹奈

「激しい恋」(1974年/西城秀樹) 川畑要

「グッド・バイ・マイ・ラブ」(1974年/アン・ルイス) 上白石萌音・Little Glee Monster

「時の過ぎゆくままに」(1975年/沢田研二) 三浦大知

「木綿のハンカチーフ」(1975年/太田裕美) 上白石萌音

「シクラメンのかほり」(1975年/布施明) 川畑要

「勝手にしやがれ」(1977年/沢田研二) 三浦大知・川畑要

「風をあつめて」(1971年/はっぴいえんど) MAYU・manaka<メインボーカル・manaka> 

「夢の中へ」(1973年/井上陽水) 川畑要

「あの日にかえりたい」(1975年/荒井由実) MAYU

「あなた」(1973年/小坂明子) 上白石萌音

「心の旅」(1973年/チューリップ) 三浦大知

「卒業写真」(1975年/荒井由実) 上白石萌音

「DOWN TOWN」(1975年/シュガー・ベイブ) Little Glee Monster

「UFO」(1977年/ピンク・レディー) manaka・アサヒ

「微笑がえし」(1978年/キャンディーズ) 芹奈・MAYU・かれん

「いい日旅立ち」(1978年/山口百恵) 三浦大知・上白石萌音

「秋桜」(1977年/山口百恵) 上白石萌音

「パレード」(1976年/ナイアガラ・トライアングル) 三浦大知・川畑要

「愛のメモリー」(1977年/松崎しげる) 三浦大知

「時間よ止まれ」(1978年/矢沢永吉) 川畑要

「オリビアを聴きながら」(1978年/杏里) 上白石萌音

「君は薔薇より美しい」(1979年/布施明) Little Glee Monster<メインボーカル・かれん> 

「てぃーんず ぶるーす」 (1977年/原田真二) 上白石萌音

「RYDEEN」(1979年/YMO) ※演奏のみ

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」(1979年/西城秀樹) 三浦大知・川畑要

「銀河鉄道999」(1979年/ゴダイゴ) 三浦大知・川畑要・Little Glee Monster・上白石萌音

「History(Reprise)」三浦大知・川畑要・Little Glee Monster・上白石萌音・山下穂尊(ザテレビジョン)