グラビアを中心に活躍中のちとせよしの。VR作品「屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。」「ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。」(制作:FANTASTICA)の2作が、PICMO VRで見放題配信開始となった。今回、VR作品の魅力や、本作の見どころなどを語ってもらった。

――まずVRの撮影の感想からお願いします。

一番は難しかったなって感じていて、DVDだと1パターン撮るたびにカットがかかるんですけど、VRは全部つながっているので、途中でミスができないというのが緊張しました。ミスはなんとかしなかったと思います。なんとかやり抜きました(笑)。

――せりふやお芝居もたくさんありましたか?

設定もせりふも全部自分で決めてやることになったので、思い浮かんだことをしゃべっていました。

――中でも一番苦労したところとかありますか?

屋上のビニールプールの作品なんですけど、最初におにぎりを握ったんですよ。お米がめちゃくちゃ手に付いちゃって(笑)、それが大変でした。

■ 付き合いたての彼氏といちゃつく

――出来上がった作品は実際にご覧になりましたか?

ちょっと見ました。ある意味“素”だなと思って。作られていない感じというか、私のキャラが出ているなと思いました。マイペースな感じに仕上がってます。(専用ゴーグルは)着けて見てないんですよ。きっとそれ着けて見たらすごいんだろうなと…目の前にいたら恥ずかしいですよね(笑)。

――作品についてもお伺いします。「ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。」。こちらはどんな仕上がりになってますか?

付き合いたての彼氏といちゃつく感じなんですけど。最初にお風呂のシーンから始まって、これも私が考えたんですけど、まず水着の上にタオルを巻いて、お風呂に入ってるんです。

何も着ていないのかなと思わせておいて、実はタオル巻いてました…からの、タオルの下は何も着ていないのかなと思わせつつ…水着を着てました…という2段階ドッキリみたいな(笑)。

というのを自分で考えてやりました。さらに付き合いたてだから裸はまだちょっとね…みたいな(笑)。

■ 思わず触っちゃいそうな感じ

――VR的な見どころはありますか?

体が近いシーンは、ドキドキするんじゃないかなと。お風呂のシーンとか、チューブトップ水着で体を洗うんですけど、結構目の前に胸があるので触れそうな(笑)、触れないんですけど(笑)、思わず触っちゃいそうな感じになっていると思います。

――やはりDVDの撮影とは全く違った心境ですか?

DVDだと体のラインを見せることと、じっとしているから基本、そこに集中できるんですけど、VRは目線をカメラのポイントに合わせるとか、しゃべるとか、体もちゃんと見せるとか、考えることが多くて大変でした。

――もう1作についても伺います。「屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。」。プールのシーンはどんな内容ですか?

ビニールプールなので水を掛け合ったり、水鉄砲で向こうからも掛けられて、Tシャツがしっとりなって、脱いじゃおうと。でもカメラには掛からないように上手に水鉄砲を撃つのは大変でした(笑)。

■ 今後こんな設定で

――今回のVRは2作品とも“彼氏との日常”を描いた作品になっていますが、今後こんな設定でとか、こんなストーリーでVRを撮影してみたいなどありますか?

私、よく食べるんですけど(笑)、ファンの方にずっと食べているところを見ていたいと言われるんです。一人暮らしの方も多いと思うので、VRしたまま、私が目の前でご飯を食べるという(笑)。

ファンの方もVRゴーグルを着けて、一緒にご飯を食べるというVRを出したいなと思います。お一人様用に(笑)。

――ちなみに今回のVR作品に、手応えとして、点数を付けるとしたら100点満点で何点くらいになりますか?

初めて撮ったので、目がキョロキョロしちゃっていたので…50点くらいですかね(笑)。伸びしろに期待で。(ザテレビジョン)