特別番組「石橋貴明プレミアム お笑い給付金withタカさん」が7月10日に放送され、さまざまな芸人がとんねるず・石橋貴明を笑わせるべく渾身のネタを披露した。

石橋が生放送中に笑った分だけ「お笑い給付金」としてお金が積み立てられ、貯まった「お笑い給付金」を、事前に申請した人の中から抽選し、生放送中に石橋から電話がかかってきた視聴者にのみ支給されるという企画。

進行役をお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣と山崎弘也が務め、ゲストにアーティスト・倖田來未を迎え番組がスタート。

オープニングトークでは、2人揃って石橋と共演するのは10数年ぶりというアンタッチャブルについて、石橋は最後の共演が「ザキヤマの腹の上を、自転車に乗ってひいて以来」と振り返り、スタジオが笑いに包まれた。

■ トップバッターは銀シャリ!

トップバッターとして登場したのは「M-1グランプリ」チャンピオンの実力派コンビ・銀シャリ。独特なしゃべり方が気になる漫才で石橋の笑いを誘い、見事18ポイントを獲得。続いて、宮下草薙、すゑひろがりずといった人気芸人が登場し、一気に40ポイントまで貯まった。

さらに、とにかく明るい安村が登場。話題のネタ「東京ってすごい」を披露すると、石橋と倖田は大爆笑。ネタ披露後に、石橋と倖田が「ABEMAってすごい」という替え歌を披露してダンスするなど、大いに盛り上がった。

安村の爆笑ネタで65ポイントまで貯まり、ここで石橋が抽選で選んだ視聴者に生電話をすることに。石橋がくじを引き、その金額の値によって給付金が変わるというルールのもと、石橋が引いたのは百の位。最初の視聴者は6500円の給付金を獲得した。

■ どぶろっくの歌ネタに倖田來未が困惑!

その後も、レギュラーやミルクボーイ、ネルソンズなどが登場するなか「キングオブコント」王者のどぶろっくが登場。

下ネタ交じりの歌ネタを披露すると、倖田は「今日、こどもに『ママこの番組出るから見てね』って言ったんですよ。子どもがどぶろっくさん大好きで。家帰ってこれやられたらどうしよう(笑)」と笑いながら話した。

74ポイントをかけた最後の給付金チャンスで選ばれたのは、倖田ファンの女性。石橋が金額の値を決めるくじを引くと、なんと初の万の位を引き当て、倖田ファンの女性は74万円の給付金を獲得。

スタジオが大盛り上がりの中、女性は「とりあえず『あつもり(あつまれ どうぶつの森)』買って、あとはくぅちゃんのライブに行きたい」と涙ながらに語ると、倖田は「ありがとう〜!待ってるしな!」と嬉しそうに答え、石橋とアンタッチャブルも「本当によかった」と喜んだ。(ザテレビジョン)