松田優作主演「遊戯シリーズ」のデジタル版と、アニメーション作品「銀河鉄道999」のHDリマスター版が、7月17日(金)から8月6日(木)までの間、それぞれ東京・丸の内TOEIと渋谷TOEIにて上映される。「遊戯シリーズ」は、デジタル版としては初の劇場上映となる。

「遊戯シリーズ」は、“殺しのエキスパート”と呼ばれる一匹おおかみの殺し屋・鳴海昌平の姿を描いた映画作品。没後30年が経過しても、なお多くの作品に影響を与える松田が主演の人気シリーズだ。

今回、「最も危険な遊戯」(1978年)、「殺人遊戯」(1978年)、「処刑遊戯」(1979年)の全3作品を、東京・丸の内TOEIにて上映する。

■ 「生誕70周年記念松田優作グッズ」も劇場販売

なお、劇場では「生誕70周年記念松田優作グッズ」の取り扱いも決定しており、通販のみで販売していた記念切手や、「roargunsコラボTシャツ」も数量限定で販売を行う。

また、「銀河鉄道999」(1979年)は、松本零士の同名ヒット作を原作に、TVアニメ化に続いて1979年に製作・公開された、アニメブームの中心ともいえる劇場用長編アニメーション作品。

2009年に劇場公開30周年を記念して製作されたHDリマスター版を、渋谷TOEIにて上映。劇場での上映は11年ぶりとなる。(ザテレビジョン)