KAT-TUN・亀梨和也が主演を務め、8月28日(金)に公開される映画「事故物件 恐い間取り」で、主人公・山野ヤマメ(亀梨)をひそかに応援するメークアシスタント・小坂梓を演じる奈緒の新たな場面写真が解禁された。

本作は、“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシの実体験による著書で、「恐過ぎて部屋に入れない」読者が続出したベストセラーノンフィクションの映画化作品。

物語は、松原の実話をベースに、売れない芸人・ヤマメがプロデューサーから「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」とむちゃぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところからスタートする。

1軒目の部屋で撮影された映像の中には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたりで盛り上がりを見せる番組。ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメだったが、“最恐”の事故物件が待っていた。

亀梨の他、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、MEGUMI、真魚、瀧川英次、木下ほうか、加藤諒、坂口涼太郎、中田クルミ、団長安田、クロちゃん、バービー、宇野祥平、高田純次、小手伸也、有野晋哉、濱口優が出演する。

監督は「リング」(1998年)で日本映画界のホラーブームを牽引し、「スマホを落としただけなのに」(2018年)の大ヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠・中田秀夫が務める。

そしてこのたび、ヤマメをひそかに応援するメークアシスタント・小坂梓を演じた奈緒の新たな場面カットが解禁。

今回、奈緒は「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2019年公開)に続いての“中田組”参加となる。

梓はメークアシスタントとして仕事に励み、ヤマメの活躍を近くで応援しながらも、その身の回りで起こる違和感を察知し事故物件に住み続けるヤマメの身を心配している女性、という役どころだ。

解禁となった劇中カットでは、梓がヤマメの部屋で何かを目撃し、目を見開いて恐怖におびえる様子が写し出されている。

数々のホラー作品を手掛けてきた中田監督も「全力投球」と絶賛する、奈緒の迫真の演技が写真からも見て取れ、見る者を圧倒する奈緒の“恐怖演技”に話題が集まりそうだ。(ザテレビジョン)