7月15日放送の「水曜日のダウンタウン」(毎週水曜夜10:00-10:57、TBS系)に品川庄司・庄司智春が出演。庄司が発案したSNSリレーの顛末(てんまつ)が追跡調査で明らかになった。

この日の放送では「SNS上のリレー、最後うやむやになる説」を検証。

コロナ禍の外出自粛中、SNSでは自宅でできる「○○リレー」「○○つなぎ」などの投稿も数多く見受けられた。

説のプレゼンターとしてスタジオに登場した庄司は「(リレーを)はやらせたのが実は僕なんです」と言い切り、自身が発案した「ギャグつなぎ」の投稿を紹介。

このリレーは3月27日に「マッチョ売りの少女」という庄司のギャグ動画でスタートしたものの、その後の展開があやふやだったため番組で追跡調査を実施した。

投稿初日はおよそ1時間に1人というハイペースでリレーが続き、庄司→ワッキー(ペナルティ)→小島よしお→ちゅうえい(流れ星)→篠宮暁(オジンオズボーン)→サンシャイン池崎→バイク川崎バイク→R藤本→佐久間一行らが参戦。

「ギャグつなぎ」のバトンは初日で13人目、翌日には28人目に渡り、好調な滑り出しを見せた。

7日目に俳優の菅田将暉も参加し、10日目には東野幸治が伝説のキャラクター「放課後電磁波クラブ」のS極くんに扮(ふん)するなど、「ギャグつなぎ」の注目度もヒートアップ。

12日目の4月7日には7都府県に緊急事態宣言も発令される中、「ギャグつなぎ」は順調にリレーを継続していた。

しかし、時がたつと徐々に新鮮味や話題性を失い、まだまだ無名の若手芸人の参加が増えたこともあって、5月に入ると「ギャグつなぎ」の投稿へのリツイートは1ケタに低下する事態に。

5月23日には、お見送り芸人しんいちが127人目としてバトンを受けたものの「おい!まじ、やめろ!名前出すな!」と「ギャグつなぎ」への参加に抵抗。

ギャグを投稿しないままリレーはうやむやになっていたことが追跡調査で明らかとなった。

後日、番組スタッフに呼び出されたしんいちは、リレーを止めた理由を尋ねられると「一番の理由はホント面倒くさい。吉本内でやってたらいいのに他事務所のグレープカンパニーまで回ってきて、めっちゃ迷惑なんですよ」と辛らつな口調で本音をぶちまける。

さらにしんいちは「庄司さんで終わらせるべき」と主張し、6月11日の日付でギャグを投稿しつつ庄司にバトンを“返却”。

「ギャグつなぎ」について「若手、めっちゃ嫌がってます。僕だけじゃないです」と訴えかけるしんいちの言葉を聞いて、庄司は「ウソでしょ!? あんなに楽しかったのに!?」と悲しそうに嘆いていた。

放送終了後、庄司は自身のTwitterで「#ギャグつなぎ終わり #皆さんありがとうございました」などのハッシュタグを付けて動画を投稿し、「ギャグつなぎ」の終了を公式に宣言した。

ネット上では、視聴者から「自分の力量を試されるのがイヤなのかな」「庄司さん、カッコいいよ」「東野さんみたいなベテランがしっかりやってるのもいいと思う」といった、さまざまなコメントが寄せられていた。

次回の「水曜日のダウンタウン」は7月22日(水)放送予定。(ザテレビジョン)