7月17日(金)放送の「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9:55-10:52、フジテレビ系)に、安斉かれん、大原櫻子が登場。安斉は、ギャルだった小学生時代や恋愛について語る。

■ 小学4年生でギャルに

7月4日に最終回を迎えたドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)で、浜崎あゆみをモデルにした主人公に抜てきされた安斉は、自由な“令和ギャル”ぶりで一同を翻弄(ほんろう)する。

現在20歳の安斉は、小学4年生くらいから髪を金髪にしたり、カラコンやつけまつげを付けたりし、休日にはばっちりメークをするギャルだったそう。坂上忍が「お父さんには何も言われなかった?」と問うと、彼女は父親には言い訳をしてごまかしていたと明かす。しかし、あることが理由で中学生のときには黒髪に戻ったと語り、その意外な理由に一同は驚く。

また、父親に連れて行ってもらった世界的アーティストのライブがきっかけでサックスを始めたと言い、その場で生演奏を披露するが、その独特な選曲にダウンタウンは戸惑う。

安斉の幼なじみからは彼女の恋愛に関するタレコミも。学生時代にとにかくモテたという安斉は、同級生や他校の生徒など多くの男子に告白されていたが、好きな人にいちずなので全て断っていたのだという。そんな彼女が、好きな男性のタイプと嫌いな男性のタイプを語る。

さらに、ドラマで共演した田中みな実と河北麻友子からもタレコミが届く。田中は安斉の意外な生態について、河北は安斉が英語と中国語にまつわる特技を持っていると明かす。

■ 大原櫻子が物まねを披露

女優、歌手として活躍する大原は、仕事現場で共演者やスタッフの言動を観察してしまう癖があると語り、“気になった業界人”を一覧にして紹介する。そして、「あいさつの時にあることをしない俳優」や「あることが分かると急に雑になる俳優」などの具体的なエピソードを挙げ、物まねで再現する。あまりにもリアルな再現に一同は盛り上がり、浜田雅功と坂上は「誰のことか言っちゃいなよ!」と迫って、彼女はたじたじに。

また、大原は心地良い音を追求する“ASMR動画”が大好きで、普段から“咀嚼音(そしゃくおん)”をつまみにお酒を飲んでいることを明かす。そこで今回は超高性能マイクを用意し、ASMRに初挑戦することに。朝から晩まで動画を見ることもあるという大原は、たくあんをそしゃくし、その音に思わず自ら笑ってしまう。ヘッドホンでその音を聞いていた一同も「これがたくあんの音?」、「技があるんだ」と感心する。(ザテレビジョン)