松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第7話が7月17日(金)に放送される。第7話は、「家政夫のミタゾノ」史上、最もミステリー色の強いストーリーが描かれる。

同作は、松岡扮(ふん)する女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣くう“根深い汚れ”までもスッキリ落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマシリーズ。

第7話では、ミステリー好きの三田園と舞(飯豊まりえ)が大物女性脚本家・稲葉祐実(高橋ひとみ)からの依頼を受ける。訪問した先で三田園らが目にしたのは、現在執筆中のドラマ脚本に行き詰まる祐実の姿だった。

さらに、祐実とあまり関係が思わしくないアシスタントの詩織(遊井亮子)が、祐実の夫である英夫(黒田アーサー)と不倫関係にあることが判明する。

■ 三田園が犯人摘発を宣言

また三田園らは祐実と詩織が大声で言い争う場面まで目撃。詩織との口論の後、こつ然と姿を消してしまった祐実、血の付いた包丁を洗う英夫、大きなスーツケースを持ってどこかへ行こうとする詩織、そして祐実がほのめかしていたストーカーの存在といった怪しい人物だらけの脚本家失踪事件が発生。

ミステリー好きな田園は「必ず、ホシをあげる!」と、某捜査一課長顔負けの迫力で犯人摘発を宣言し、事件の謎に迫る。

第7話では、ジュディ・オングの姿も登場し、さらに「家政夫のミタゾノ」盛り上げていく。(ザテレビジョン)