嵐の松本潤が、関ジャニ∞の音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW ゴールデン2時間SP」(7月29日[水]夜8:00-9:48、テレビ朝日系)に初出演することが明らかになった。

番組史上初となるゴールデンSPでは、「嵐・松本潤を通して見るジャニーズのライブ演出」と題し、長年にわたって嵐のライブを演出してきた松本にロングインタビュー。

DREAMS COME TRUEのライブ演出を手掛けるスタジオゲスト・中村正人、関ジャニ∞のライブ演出を担当する大倉忠義による分析も混じえながら、ジャニーズのライブ演出の秘密に迫る。

■ 妥協を許さない男・松本潤が語る

嵐が日本で初めて取り入れたライブ演出「ムービングステージ」。ライブ会場で歌い踊りながら、遠く離れた観客の元へ向かうジャニーイズムあふれる演出は、松本が手掛けた。

どんなときもストイックに、ただならぬ情熱をもってライブ演出と向き合う松本は、「踊りながら移動できる方法は」と考え、この演出を生み出した。

嵐のライブ演出でのこだわりについて徹底取材を行う中で、松本が「ピークが20周年のライブだと言われるのは、すごく嫌」と本音を漏らす一幕も。

松本がジャニー喜多川氏から受け継ぎ、そのエンターテインメント魂の奥底にずっと息づいている“ジャニーイズムの真髄”。妥協を許さない男・松本が語り尽くす。

■ ジャニーズNo.1ソングを選出

また、「アーティストやジャニーズメンバーが選ぶ、歴代ジャニーズNo.1ソング」も放送する。

椎名林檎、スガ シカオ、いきものがかり・水野良樹、秦基博らアーティスト勢がジャニーズの楽曲をあらゆる角度から深堀り。東山紀之、KinKi Kidsらジャニーズメンバーも、ジャニーズNo.1ソングを選出。

さらに、スタジオゲストのヒャダインは、話題のトンチキソングについても選ぶ。

そして、「ジャニーズNo.1ソング」で挙がった楽曲の中から、関ジャニ∞がこの日限りのスペシャルセッション。視聴者が関ジャニ∞のセッション曲を予想する企画も番組公式サイトで実施する。(ザテレビジョン)