女優の二階堂ふみが、9月25日(金)公開の劇場版アニメーション「アダムス・ファミリー」で日本語吹き替え声優に初挑戦することが分かった。自他共に認める作品ファンである二階堂は、今回の声優出演に「いち『アダムス・ファミリー』のファンとして、しかもウェンズデー役として関わることができて、とにかくうれしい気持ちでいっぱいです」と、喜びのコメントを寄せた。

「アダムス・ファミリー」は、漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタート。ひねくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、1960年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、1991年、1993年に公開された実写長編映画は、2作とも大ヒットを記録した。

そしてこのたび、「シュレック2」(2004年)などで知られるコンラッド・バーノンと、「きかんしゃトーマス」シリーズのグレッグ・ティアナンの共同監督による初の劇場版アニメが完成。

海外版のみならず、日本語吹き替え版声優も豪華なキャストが集結しており、モーティシア・アダムス役を杏、ゴメズ・アダムス役の生瀬勝久、フェスターおじさん役・秋山竜次、本作のオリジナルキャラクターであるマーゴ・ニードラー役にLiLiCo、マーゴの部下・グレン役を井上翔太が務める。

そして、このたび二階堂がウェンズデー・アダムス役に決まった。以下、二階堂のコメントを紹介する。

■ 二階堂ふみコメント

「アダムス・ファミリー」は、小さい頃から繰り返し見てきた作品で、子ども心にワクワクして、触れたことのない文化に衝撃を受けましたし、現在の私の“好きなもの”を形作り、導いてくれたような映画です。

青白い女の子が無表情で過激なことをしていくというところにもひかれるのですが、「アダムス・ファミリー」は年齢を重ねていくごとにさまざまな見え方を示してくれるところも魅力だと思います。

自分の愛をこの作品に詰め込みたいと思っています。ぜひ劇場で体感していただけたらうれしいです。

■ 「アダムズ・ファミリー」ストーリー

人里離れた山の中で結婚式を挙げたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシア。突然襲ってきた人間たちに故郷を追われた2人は、丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。

時が流れ、夫婦には2人の子ども、ウェンズデーとパグズリーが生まれ、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。

そんな中、パグズリーが一族にとって重要な儀式「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が近づいていた。(ザテレビジョン)