清原果耶が映画初主演を務め、9月4日(金)に公開される「宇宙でいちばんあかるい屋根」より、清原演じる主人公・つばめと、桃井かおり演じる“星ばあ”の場面写真が解禁となった。

本作は、小説すばるで新人賞を受賞した作家・野中ともその小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)を実写映画化した作品。迷える14歳の少女・つばめの不思議な出会いと成長を描く。

つばめが恋する亨役に伊藤健太郎、つばめの父・敏雄役を吉岡秀隆、つばめの義母・麻子を坂井真紀が演じる。

■ “唯一無二の世界感”デコボコ異色バディが誕生

つばめの唯一の憩いの場である書道教室の屋上で一人過ごしていると、急に謎の老婆・星ばあに声をかけられる。自由気ままな星ばあに最初は戸惑いながらも14歳の少女と謎の老婆という異色のふたりは同じ日々を過ごしながら心を通わせていく。

今回解禁になった場面写真では、バスに乗り食い入るように外の海を見ているふたりや、キックボードに乗り先を急いでいるような星ばあを必死の表情で引き留めているつばめ、ふたりで仲良くバス停で手を挙げている姿、書道教室の屋上で仲良く寝転び空を見上げている姿が映し出されている。

プロデューサーの前田浩子は「清原果耶さん演じるつばめと(桃井かおりさん演じる星ばあ)のバディ振りは私たちの想像を遥かに超えた存在感で多くの方々を魅了すると確信しています」と、清原&桃井による“異色バディ”の魅力を語った。(ザテレビジョン)