7月24日(金)にスタートする、千葉雄大主演のドラマ24特別編「40万キロかなたの恋」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)のエンディングテーマ曲をSHE’Sが担当することが分かった。

同作は、地球と約40万km離れた月周辺で、宇宙船に一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の遠距離恋愛模様を描くドラマ。

人嫌いな宇宙飛行士・宗一(千葉)は、AIのユリ(声・吉岡里帆)と共に宇宙で暮らす生活に満足していた。ある日、地球にいる元恋人・咲子(門脇麦)とモニター越しに再会したことをきっかけに、ユリも巻き込む三角関係に発展する。

このたび、同作のエンディングテーマ曲が次世代ピアノロックバンド・SHE’Sの「Tragicomedy」に決定。地球と月、40万km離れた“超遠距離恋愛作品”を彩る。

また、解禁となったキービジュアルは、宇宙を背景に、宇宙船にいる宗一とモニターに映る咲子、AIのユリが写し出されており、同作の世界観にぴったりな仕上がりになっている。

■ SHE’S・井上竜馬(Key.&Vo.)コメント

1人で生きることは楽かもしれないけれど、人と関わることは面倒なことも多いけれど、心は人の心との接触を求めてる。思うことでしか生まれない喜びや軋轢(あつれき)さえも全てがいとおしいと気付いていく。

今の時代を象徴するかのような物理的距離と心的距離を描いたこのドラマを、「Tragicomedy」がそっと彩ってくれることを祈っています。(ザテレビジョン)