映像配信サービス「dTV」のオリジナル番組「キスマイどきどきーん!」の最新話(#76)が7月24日(金)昼0:00より配信中。Kis-My-Ft2が繰り広げる、笑いあり、涙あり、感動ありのノーコンバラエティー。

■ 宮田の宮田による宮田のための企画が誕生

スタッフからも心配されるほど、最近存在感を出せていなかった宮田俊哉が、その状況を打開すべく、これまでの自分の格好いいシーンを自らランキングにした「SUPER MIYATA5」。

ゲストとして呼ばれたのは北山宏光、二階堂高嗣。自分たちが呼ばれた理由に疑問を持つ2人だが、その理由について宮田は「キスマイで俺のことを格好いいと思っていないベスト2メンバー」と語る。「いやいやいや」「ひどいよ」と2人は反論するが、宮田いわく「この2人を抑えれば、俺も格好いい感じになれる」と自信を見せる。

■ 全て計算通り?の宮田

まず選んだのは「キスマイ道場破り」相撲編での初勝利シーン。どう見ても対戦相手から逃げ出し、偶然に倒せたミラクルのように見えるが宮田曰く、そう見せかけた作戦勝ちだったと説明。

次に選んだのは「キスマイ監き〜ん」から、二階堂にだまされ急きょ参加したデスソース回。まんまと騙された宮田に対して二階堂は、「アホやコイツ」と暴言を吐く。その時の宮田は「悩みとかあるのかと思って…」と持ち前のイイ奴を発揮したのだった。

■ 倉本聰作品出演俳優の実力を見せる

次にランクインしたのは「キスマイ慰安旅行」。二階堂の無茶ぶりから横尾渉に時計をプレゼントしたシーンが登場。急な展開に初めは「意味わかんないんじゃん」とぼやいていたが、結局「思い出になれば…」とプレゼントすることに。

ここまでの映像を見て「編集がずるい」「事実と違う」と語る二階堂に対し、宮田は「今のを見たら(二階堂が)超嫌な奴だよ」と反論。

また北山は宮田の「意味分かんないんじゃん」に「あれが素だよ」と指摘。それでも宮田は「やすらぎの刻〜道」(2019年、テレビ朝日) に出演したことを引き合いに出し、「これが倉本聰作品出演俳優の演技力」だと言ってのけるのだった、。

■ 宮田VS過去の宮田が実現

宮田はこの後も自らの格好いいと思うシーンを発表。さらに、悩んだシーンとして「22世紀の新・罰ゲーム審議会」の“生ピーマンの早食い”を挙げる。だが、二階堂から「マジで記憶ない」と言われてしまい、北山の提案でその場で“生ピーマンの早食い”に挑戦することに。

前回は記録27秒という好記録をたたきだした宮田は、突然過去の自分と対決することになる。

■ 次回は新企画2本立て!

次回、「キスどきマッチング 軽トラWARS」と題し、メンバーが軽トラを運転しながら「キスどきマッチング」を行う。最後に残った1台には衝撃の罰ゲームが下される。

さらに、キスマイオリジナルのラジオ体操を作る新企画「キスマイラジオ体操」も。(ザテレビジョン)