ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)で主演を務める新川優愛と、その初恋の相手を演じる町田啓太がクランクアップを迎えた。

同作は、丘上あいのコミック「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」(講談社)を原作にした、“ドロキュン”ラブストーリー。結婚6年目の主人公・荻野爽(新川)が、広告代理店に勤める夫・一真(小池徹平)の不倫をきっかけに裏切りの連鎖に巻き込まれていく。

■ 現場を盛り上げ続けた座長・新川優愛「お疲れ様でした!」

ヒロイン爽を演じる新川と、その初恋の相手・秋山を演じる町田の二人が、7月某日いよいよクランクアップ。約2カ月の放送休止期間を挟んだため、クランクインからおよそ5カ月が経ってようやくのクランクアップとなった。

これまで二人の間では互いに淡い恋心を秘めた駆け引きが繰り広げられ、登場人物全員が裏切り者という「ドロドロ」な展開が続くドラマの中で、唯一の救いともいえる「キュンキュン」シーンが演じられ続けてきた。

ドラマ撮影中には、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、およそ2カ月間撮影がストップする異例ともいえる事態も発生。再開後もリハサール中はフェイスガードを着用するなど、これまでにない状況での撮影が続いた。

難しい状況の中でも明るく現場を盛り上げ続けた座長・新川は、クランクアップの瞬間、安堵の想いもにじみ出る明るい笑顔で「お疲れ様でした!」と大きく声を上げ、スタッフ一同からの温かい拍手に包まれた。

■ 新川優愛コメント

約5カ月の間、ありがとうございました!

ギルティという作品も爽という役柄も私にとっては挑戦的な現場だったのですが、常にスタッフの皆様が明るく盛り上げて下さり、私のたわいもない言葉に笑ってくれたり、反対に涙のシーンではすごく空気を作ってくれたり…本当に皆様に支えてもらって乗り切れた5カ月だったと思います。

本当にありがとうございました!

■ 町田啓太コメント

休止した時期もありましたが、こうやって、無事に撮影を終えてほっとしました。見て下さっている方たちにとって一時の楽しみになってくれれば良いな、という思いで撮影に挑んでいました。

撮影期間がなかなかこんなに長くなることはないので、スタッフの皆様も大変だったと思いますが本当にありがとうございました。

(7月4日に誕生日を迎えて、)この現場で30歳になれたのでそれはそれで良かったのかなと思っています!また、新たな階段をのぼって、皆様とご一緒出来るように頑張ります!

■ 「ギルティ」第9話 あらすじ

最終回が目前に迫った7月30日放送の第9話では、爽は同期・守屋(桜田通)から秋山が離婚したらしいと聞かされ動揺する。守屋はそんな爽のスマホを勝手に使って、秋山を遊園地に誘うメッセージを送信する。

そんな中、爽が入院中の母・かすみ(戸田菜穂)の見舞いに行こうとすると、看護師から「かすみは家族と面会中」だと告げられる。面会に来るような親族に心当たりはなく、爽は胸騒ぎを覚える。

一方で、瑠衣は秋山にこれまで語っていなかった自分の過去を語る。さらに瑠衣を激昂させる出来事が起こり、瑠衣は涙を流す。(ザテレビジョン)