KAT-TUN・亀梨和也が主演を務める映画「事故物件 恐い間取り」(8月28日[金]公開)の、メーキング写真が公開された。

本作は、“事故物件住みます芸人”松原タニシの、実体験による著書を映像化。ある日、売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)は、テレビ番組への出演を条件に、殺人事件が起きた物件に住むことになる。部屋ではさまざまな怪奇現象が起き、番組は盛り上がりを見せる。ヤマメはネタ欲しさに事故物件を転々としていき、やがて“最恐”の事故物件にたどり着く。

キャストには、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、MEGUMI、高田純次、小手伸也らが名を連ね、松原と同事務所の有野晋哉、濱口優、団長安田、クロちゃんら芸人も出演。

演出は、「リング」(1998年)で日本映画界のホラーブームを牽引し、「スマホを落としただけなのに」(2018年)のヒットも記憶に新しい、ホラー映画の巨匠・中田秀夫が手掛ける。

今回解禁された写真では、事故物件の部屋の撮影で、亀梨が中田監督とヤマメの心情について、入念なやり取りをしている姿が写し出されている。また、ヤマメを心配するメークアシスタント・梓役の奈緒と、ヤマメの元相方・中井を演じた瀬戸の写真からは、迫り来る恐怖を感じながら演技に挑む様子がうかがえる。(ザテレビジョン)