恵比寿マスカッツの約10カ月ぶりとなるシングル「DIGITAL NOISE」が、8月5日(水)より配信スタート。配信に合わせて、24人のメンバーが楽曲のオススメポイントや撮影秘話などを語った独占コメントが到着した。

同曲は、2019年10月発売「マジョガリータ」以来の新曲で、3月の新メンバー加入後初のリリースとなる楽曲だ。2020年で活動期間10周年を迎える恵比寿マスカッツの、記念すべき第1弾作品だという。“令和版ディスコサウンド”の曲調にのせ、恵比寿マスカッツメンバーが"デジタルノイズ"であふれた世間を『エロく正しく美しく!華麗にぶった斬る!!!!』という楽曲のテーマ通り、爽快感のある1曲に仕上がっている。

カップリングには、桃乃木かながメインボーカルに初挑戦し、辰巳シーナと如月さやがコーラスとして参加したユニット「momoROCK」によるガールズロック「PUZZLE」も収録されている。

今回メンバーが答えてくれた、「DIGITAL NOISE」の楽曲や振り付けのおすすめポイント、レコーディングやミュージックビデオ撮影秘話にまつわるコメントには、何度でも配信曲を聴き、ミュージックビデオを見たくなるエピソードが詰まっていた。

■ メンバーそれぞれが新曲に懸ける思いを明かす!

石岡真衣「曲中で、急に“sexy”な“DIGITAL NOISE”になるところがあります。そこは自由な振り付けで『誰よりも“sexy”に踊ろう』と思っていたので、注目して見てください!

MV撮影の時には、三上(悠亜)さんと歩きながらすれ違うシーンがあって、スタッフさんに『(前に映っている)三上よりアピールするな!』って言われたのですが、せっかくだからアピールしておきました!」

羽咲みはる「レコーディングでは、今回はラップでかっこいいパートだったので最初の一文字を強く歌ってみました!音楽プロデューサーのTAKU Tanakaさんから『今回は「ピョーン!!」をかっこよく!』ということで、クールな“ぴょん!”に挑戦しています!ダンスはかっこいいところと可愛いところが両方あるのがとても好きなポイントです」

架乃ゆら「サビにいく前のだんだん盛り上がっていくところは何度聞いてもテンション上がります!MV撮影では今まで履いたこともないくらい高いピンヒールのブーツで踊りました。正直フラフラだったので、かっこよく映っているか不安です…」

川上奈々美「今回もair:manさん特有の、見たことのない動きの中にエロスや私たちメンバーの小ネタが入っている“振り幅MAX”な振り付けです!MVではマッコイさん演出もありそれぞれのキャラクターが存分に生きたMVとなってるのでぜひ踊って歌って何度でも見てください!」

如月さや「MVは廃墟みたいな雰囲気のある場所で、すごくかっこいい感じに撮影していただきました。各パートによってカッコよさ、セクシーさ、可愛さが盛り込まれているので、それぞれ音と映像どちらでも楽しんでもらいたいです。今だからこそマスカッツの曲の力をみなさんにお届けしたいです!またライブで直接会える日まで、たくさん聞いておいてくださいね♪」

黒沢美怜「今回の曲はアイドルには珍しくラップの部分が多いのですが、メンバーごとに歌い方に“色”があって面白いので注目してもらいたいです!MVの撮影現場では、みぃなな(川上奈々美)のリップシーンがとにかく面白くて…めちゃくちゃ大げさに悪い顔するんです(笑)。

あと、ダンスシーンのキラキラの衣装の時、『なんか私だけ変だなぁ』と思ったらパンツを後ろ前に履いていて(笑)。ダンスシーンの直前に気付いて着替えに行く時間もなかったので、スタッフさんの目を盗んでその場でコソコソ着替えました(笑)。気付いてよかった!」

※リップシーン=歌詞に合わせて唇を動かしている様子を撮影したシーン

桜もこ「今回この新曲を聴いたときは『どんなフリになるんだろ』『一つの曲としてどんな曲になっていくんだろう』ってドキドキワクワクしていました。いろんな曲調の楽しさとかっこよさと、恵比寿マスカッツにしかない魅力もたっぷり!今大変な時期だけど『この曲を聞いて乗り越えていくぞー!!!』という気持ちです」

白藤有華「今回の曲は、初めて聴いた時から他では聴いたことのない曲だったのでワクワクで、フリもとってもユーモアがあふれていてクセになる振り付けで大好きです!MVもスタジオも素敵で、衣装もたまらなく素敵で、一本の映画のような満足感間違いないと思っております。また大好きな曲が増えました!」

辰巳シーナ「『はぁ、また最強な曲出来ちゃったよ。最高かよ…』って感じです。メロディーや雰囲気だけじゃないんです。歌詞もめっちゃ素敵なんですよね。私のお気に入りは『一握り理想の種を涙で育てて花咲かせて』。うん、素敵過ぎる歌詞。

2020年、世界中いろいろな苦しいことがある年です(MVの牢獄もそんなイメージにピッタリ)。こんな今だからこそ、この曲で皆さまの心に寄り添えられたらと思います。儚く脆くて挫けそうな私たち、でも強く生き抜いてやる、諦めるもんか。と、皆で一緒に気持ちを高められたらと思います」

友田彩也香「MV撮影で久し振りにメンバーに会えたのがすごくうれしくて、大変な状況での撮影でしたが、いつも通り和気あいあいと撮影が進んですごく楽しかったです!カメラの台数やセットもすごくて、いろんな角度でいろんなメンバーの表情が引き出されていると思います。ノリも良いしすごくかっこいい曲でぜひ歌詞にも注目してもらいたいし、その歌詞に合わせてワイルドでかっこいい振りと可愛い振りの“振り幅”に注目して見てもらいたいです!」

なつ葵「歌詞がすごく現代に刺さるもので、ラップの部分も聴き逃さず聴いていただきたいです!『死』や『もがき続ける』といったダークなフレーズが、明るく激しい曲調に隠れています…!レコーディングで、『朝からすみませんが、このフレーズをエロくお願いします』と言われたのが印象的でした。マスカッツならではのリクエストに『わ、私がですか…?』と返事をしてしまいましたが、頑張って歌いました!

MV撮影現場は、皆、空き時間も曲をずっと口ずさんだりダンスの振りを練習したりしますが、笑い声も絶えない現場でした。メイクやアクセサリーは自前なのですが、皆、個性や衣装にピッタリで『可愛いなー!』『素敵やなぁー!』っていつも楽屋で眺めています」

藤井マリー「(オススメのポイントは)Aメロ、Bメロ、サビの雰囲気が全てガラッと変わるところですね!かっこいいと可愛いが綺麗に融合しているなと思います。レコーディングでは『DJのように!!』と言われたのが印象的でした。例えが分かりやすくてノリノリでやって楽しかったです。今まで参加した曲のMVと少し変わってダンスシーンは控えめに、ドラマのようになっているのが魅力的ですね」

藤原亜紀乃「曲はとにかく、エロかっこいいです!!クラブで踊っているような雰囲気の踊りが多いので、皆さんにはノリノリで聞いてほしいです!!それと個人的な話ではあるのですが、マスカッツに入って全体曲で初めて、リップシーンを撮りました!初めてのことでドギマギしている私をMVの中で見つけてほしいですっ!耳に残る曲なので、口ずさむくらいたくさん聴いてくださったらうれしいです!」

まいてぃ「今回、今までの曲に無いようなジャンルのかっこよさだと思います!レコーディングでは、ひたすら喘いでいた子もいるくらいセクシー全開のシーンもありました!私はサビの部分のハモリを担当させていただきましたが、とても難しくて苦戦しましたね(苦笑)。全体的にすごくかっこいい仕上がりになったと思います!」

松岡凛「一番の注目ポイントは、トランス系の振り付けをしているところですが、個人的には、今回ソロがある子の一人一人のダンスに特徴があるのでぜひ注目してみてほしい!撮影現場は廃墟ビルスタジオみたいなところで、地下の撮影が鬼怖かったです…」

松本ゆん「クラブミュージックのような曲調なので音に乗りやすく男女問わず楽しめる曲です!カッコいいキラキラ衣装を着てのダンスシーンは、実は皆10センチ以上のピンヒールで踊っているのでぜひ、足元もチェックしてみてほしいです!全員2種類の衣装を着ているMVは初めてなので、一気に雰囲気の変わる姿も見どころです!!」

みひろ「クラブとかにかかっていそうなかっこいい曲で、みんなの歌声が、普段のバラエティーのキャラとは違ってかっこよくて、ギャップを感じて好き!由愛可奈ちゃんが牢獄で暴れるシーンがあるのですが、何かが憑依したかのよう!魅力的でした。10年前から由愛可奈ちゃんとはお仕事していたのですが、『成長著しいなぁ』と親戚のおばさんのような気持ちになりました」

桃乃木かな「今回もかっこいいイメージの曲ですが、サビでいきなりイメージが変わっていたり、今のマスカッツの構図を表す曲になっているのではないかと思います。私のシーンではドローン撮影をしたのですが、初めてのドローン撮影で、『下にいるとあんなに風を受けるんだなぁ』と友田さん、桜さんと話していました。今回はダンスパートが少なくいろんなドラマが詰まったMVになっているので、その世界観を楽しんでいただけたらうれしいです。

もちろんダンスもとってもかっこいいのですが、以前自粛中にメンバー皆で作ったティザー動画用の素材から、振りを少し取り入れたりしている部分もあるのかな〜と個人的に思うので、いつか生でもダンスを見てもらえる日が来るのが楽しみです。踊ります、14cmのヒールで!!(笑)」

由愛可奈「MV撮影での、ダンスの振りや衣装、ロケ地の廃墟感がすごくかっこよかったです。曲も、ラップやイントロ、『ノイズ』の声がエロくてついつい聴いちゃいます。みなさまにぜひ聴いてほしいです」

吉澤友貴「今回の新曲はとにかくかっこいい曲って感じです!曲の中にはセクシーなところもあればサビはアイドルっぽくて、振り付けも“セクシー”、“可愛い”、“かっこいい”が盛りだくさんです!Aメロのソロパートや、ラップっぽいところが『歌うの難しい〜』って不安だったんですけど、意外とうまく歌えてスムーズにレコーディングできました!『Hey!Hey!』とか『デジタルノイズ!デジタルノイズ!』とかファンの方もライブで声出して楽しめるところがあるので早くライブでも歌って踊りたいです!!」

■ 新加入メンバーの感想は…?

希島あいり「とにかくカッコイイです!楽曲は中毒性があって歌詞も独特で、MVも見入ってしまうようなシーンばかりです」

山岸逢花「自分を強くしようと鼓舞させられるような歌詞で、聴いているとパワーが湧いてくる曲だと思いました。ダンスも素敵な振り付けでカッコ良く、かつサビはとても可愛く、歌詞とリンクしている振りにも注目してもらいたいです。

初のMV撮影ということで、撮影に向けてばっちり踊れるように同期のメンバーと自主練してどうやったらカッコ良く魅せられるか、歌詞に合った振りの意味を話して考え合ったりできたのも良かったですし、普段着られないような囚人服とキラキラした服でテンションも上がってとっても楽しいMV撮影になりました」

深田結梨「セクシーなところ、キュートなところ、メリハリがあって見ても楽しいし、踊っても楽しいですよ!特徴的な振り付けが多いのでぜひ覚えていっしょに盛り上がれたらうれしいです。生まれて初めてのMV撮影で緊張していましたが、周りのスタッフさんや新メンバー、先輩の皆さんのおかげで楽しむことができました。MVが超かっこいいです!ぜひ見てください」

栄川乃亜「初めて聴いた時は、ノリノリのクラブっぽさとサビではアイドル感もあって、1曲の中でいろんな表現が詰め込まれている曲だなぁという印象でした。振り付けにもセクシーさとアイドルらしさが入っていてメリハリをつけるのが難しかったのですが、踊っていて楽しかったです!途中途中で何度か出てくる『Hey』に合わせてお尻を叩く振り付けが特に好きです!

MV撮影の日は初めてのことばかりでとても緊張していたのですが、先輩方が話しかけてくださってとてもうれしかったです。貴重な経験をさせてもらえて学ぶことばかりで、すごくすごく楽しかったです!!!」(ザテレビジョン)