浜辺美波主演、城桧吏らが共演する映画「約束のネバーランド」(12月18日金公開)のティザービジュアル&特報映像がこのほど公開された。

幸せそうにほほ笑む孤児たち一人一人に識別番号のようなものが重ねられたどこか異質な雰囲気漂うティザービジュアルに、ファンタジックな映像とは裏腹に「出荷まで逃がさなければいいのよ」「脱獄だ!」といった不穏なセリフが飛び交う特報映像。本編への期待を高める印象的な仕上がりとなっている。

■ 「その楽園から、脱獄せよ。」

「約束のネバーランド」は、2016年8月から2020年6月まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメ第1期も話題を呼んだ脱獄サスペンス作品。最新刊・19巻までの全世界での累計発行部数は2400万部を超え、来年1月からはテレビアニメ第2期の放送も決定している超大作だ。

そんな同作が、初めて実写映像作品として登場する。

「孤児院で幸せに育てられていた子どもたちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という衝撃的な導入で始まる本作。

天真爛漫で誰よりもまっすぐな性格の主人公・エマを浜辺美波が、現実主義者でクールな少年レイを城桧吏が、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が 、オーバーアクションと様変わりする表情を持つクローネを渡辺直美が、慈愛の微笑みを持ちながら冷徹な表情を垣間見せるママ界のトップオブトップであるイザベラを北川景子が 演じ、数々の少年漫画実写作品を生みだしてきた平川雄一朗 がメガホンをとる。

今回解禁となったティザーポスターは、自分たちの未来に何が起きるのかを知らずに微笑み合う子供達の姿と「その楽園から、脱獄せよ。」という衝撃的なコピーとの対比が想像をかき立てる。微笑み合うエマ(浜辺)とノーマン(板垣)のかたわら、物思いに沈むレイ(城)の表情も印象的だ。

30秒の特報映像では、温かく幸せな日常から一転、孤児院の真実を知り脱獄に向けて動き出すエマ、レイ、ノーマン。そして、笑顔で不穏な言葉を紡ぐイザベラ(北川)とクローネ(渡辺)――という濃厚な30秒。上目遣いに黒目がちの瞳をエマたちに向けるレイの物憂げな表情と、その首筋に捺された「81194」の数字もどこか痛々しい。

城は、出演した映画「万引き家族」が第71回カンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドーム賞を受賞し世界で注目された逸材。初主演映画「都会のトム&ソーヤ」(7月31日公開)も控える。

「万引き家族」当時は11歳だった城も今や13歳。中学生になり、より表現力が増した城の演技にも注目の一作だ。(ザテレビジョン)