渋谷で終電を逃した女の子たちが“暇つぶし”に結成したアイドルグループ「始発待ちアンダーグラウンド」が、4カ月連続配信リリース第2弾「NO!NO!NO!」を8月10日(月)にリリースした。

「NO!NO!NO!」は、作詞を担当するGOMESS(フリースタイルラッパー)と、作曲を担当する今村怜央(ALI)がタッグしたガレージロック楽曲。軽快なギターサウンドにタイムレスなメロディが印象的な一曲となっている。

また、11月10日(火)には東京・南青山にある「青山月見ル君想フ」にて、2度目のワンマンライブ「TAKE A TRIP」の開催も決定した。

■ 3人からコメント「聴きながら踊っちゃってください」

オクヤマ・ウイ

「これまた今までの始発待ちの曲にはなかった軽快なロックンロール!わたしは特にツボでだいすき!弾むような明るい曲だからこそ、ひとりひとりの声の個性が際立つ曲です。からだが勝手に動きだしそう…?聴きながら踊っちゃってください!そして、ライブハウスで共に踊れる日をたのしみにしています!!!!!!!」

フカミ・アスミ

「新曲第二弾。有りそうで無かった、始発待ちの新境地。済まし顔して他所には見せない恋心、否、皆様への密かな乙女心とも表現できる、狂おしい程愛らしい楽曲を提供していただきました。

この曲を生きている間だけは鎧を脱いで、隙を見せて思い切り甘えたい。そんな気持ち。ここだけの話、この曲の為だけに捧げる衣装を勝手に考えたほど。互いに募らせてきた想いを託して、直ぐ其処で待つ自由な未来にて躍り狂いましょう。約束です」

ムラタ・ヒナギク

「1分56秒に詰め込まれた乙女心とロックンロールが鳴り響く。可愛さの中に有る力強い想いを見つけてください。私のどこが好き?NO NO NO.笑いとばせばいいさ。骨の髄まで踊りましょう。NO?そんな事言わずにLove me(ハート)」(ザテレビジョン)