俳優のムロツヨシが8月7日に自身のInstagramを更新。フェイスシールド着用した2パターンの自撮りSHOTが反響を呼んでいる。

この日ムロは、「撮影中、自撮りの一枚→自撮りを娘にみられた時の一枚」とつづり、2枚の自撮り写真を投稿。1枚目の「自撮りの一枚」は、目をパッチリ見開いたキメ顔SHOT。2枚目の「自撮りを娘にみられた時の一枚」は、見開いた目を斜め下にそらしたSHOT。共にドアップで、独特のインパクトを放っている。

着用しているフェイスシールドに「ガタロー」と記名されていることから、撮影中というのは、現在放送中の、ムロツヨシが主演を務める日曜ドラマ「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)で、娘のさくら(永野芽郁)を愛し過ぎる父・ガタローとして撮られた写真であることがうかがえる。

この投稿にファンからは「すごい笑いましたw」「目!アゴ!」「いい表情」「娘に見られた時のおもろすぎます」「若干しゃくれてるのなぜにw」など、ムロの表情を面白がるコメントや、「芽郁ちゃんに見られたんですね」「娘ちゃんの反応は?」など娘(永野芽郁)のリアクションを伺うコメント、「フェイスシールドに『ガタロー』は笑いました」などのツッコミも多く見られた。(ザテレビジョン)