8月11日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演したナダル(コロコロチキチキペッパーズ)が、これまでひた隠しにしてきた「イナバ物置」の真相を明かした。

先週に引き続き、人気芸人たちの「実はNGにしている仕事」を暴いていく「アイツ、この仕事NGだってよ!!」を放送。

ナダルのNG案件について検証している際に、藤本敏史(FUJIWARA)が「イナバ物置もNG案件でしょ?」と話を振ると、「イナバ物置アカンの。イナバ物置」とキッパリと拒絶するナダル。

ナダルの「イナバ物置」エピソードについては、2017年ごろから「アメトーーク!」(テレビ朝日系)などで藤本が話を振ると、ナダルが頑なにその話題を拒否。視聴者の間でもさまざまな憶測が飛び交かってきた。

田村淳(ロンドブーツ1号2号)も「俺も話を知らない。いつも『イナバ物置』ってタイトルで終わっちゃう」と真相を求めると、藤本が「エロ本のコレクションがギッチギッチに入っていて、物置の横の壁がポーンとなった」とネタバラシ。

「カットしてください!」とスタッフに訴えていたナダルだったが、最後はそのエロ本を友達の車2台にパンパンにつめて古本屋に売りに行くも「ところどころ袋とじが破られていたりして、査定額が1050円。車出してくれた人に500円ずつ渡した」と、3年越しのエピソードの真相を披露。

さらに、車2台分を売ったにもかかわらず、物置の一角も崩れないほどまだパンパンに物置の中にエロ本が入っていると明かした。

視聴者からは、「長年の謎がやっと解禁された!」「封印がやっと解かれた」「思ったより面白い!」「もっと、犯罪的な内容かと思った」などのコメントで盛り上がりを見せていた。

次回、「ロンドンハーツ」は8月18日(火)夜11:15から放送予定。かまいたち、すゑひろがりず、ぺこぱ、ミルクボーイらが出演する。(ザテレビジョン)