8月9日深夜の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)は、「リベンジゲーム大会」の後半戦を放送。前回のリベンジに燃えるバナナマンと乃木坂46メンバーのゲームバトルは最後まで白熱の展開となった。

後半戦の最初は、マリオカートゲーム対決。乃木坂46メンバーからは、マリオカートマニアの佐藤楓と、全くのゲーム初心者の生田絵梨花が、バナナマンとの戦いに挑んだ。

ゲーム前から自身満々の佐藤は「ハンデあっても大丈夫だと思います、例えばスタート20秒遅れとか」と、自らハンデ戦をバナナマンに提案。この屈辱的な提案をバナナマンは「そりゃもらうし…」と素直に受け入れた。

ゲームが始まると、佐藤はスタート直後にカートが勝手に動いてしまうアクシデントがあったものの、路肩で20秒待機して約束どおりにハンデを消化。その後は全員をごぼう抜きし、余裕のトップでフィニッシュした。

そのあと、バナナマンの2人が続けてゴール。初心者の生田は、レース序盤は健闘したものの4人の中で最下位となった。しかし生田は「ゲーム禁止だったんですけど、あんま大差ないですね」とバナナマンを挑発。これに対して設楽統は「(佐藤が)強いっていうから、どれくらい強いのかと思ってさ…」と言い訳していた。

次の対決は「ファイヤープロレスリング」。前回のゲーム対決で惨敗した掛橋沙耶香と金川紗耶の4期生コンビとのリベンジマッチに気合が入りまくりのバナナマンの二人。2戦ともなかなかの熱戦となったが、バナナマンチームがなんとか連勝し、このゲームでは見事に前回の雪辱を果たした。

そしていよいよリベンジゲーム大会は最終バトルの「ボンバーマン」で勝敗が決まることに。前回は、白石麻衣がテクニックを見せつけ圧倒的な強さで優勝したが、ボンバーマンに絶対の自信を持っていた日村は、王者となった白石にゲームの中で会うことすらできず、大園桃子に2回もやられてしまった。

そんな屈辱的な敗北の後、自粛期間に練習を重ねた日村は「大園を絶対倒す」と宣言して、最終対決に挑んだ。先に2勝した方が勝ちとなるボンバーマン対決。まずは1回戦では日村が、宿敵の大園を挟み撃ち作戦で見事に撃破し、バナナマンチームがまず1勝。

次の2回戦では、設楽が初心者の星野みなみが仕掛けた爆弾にやられて敗北。1勝1敗となり、最後の3回戦で勝敗の行方が決まることに。3回戦もスタート直後から積極的に攻める日村は、再び宿敵の大園を撃破することに成功したが、自らも被弾してしまい、なんと序盤で撃沈してしまう。

結局、3回戦は伏兵の吉田綾乃クリスティーが勝利し、今回のゲーム対決も乃木坂チームの勝利に終わり、結局バナナマンのリベンジは果たせなかった。

SNS上でも「でんちゃん、マリオカート強すぎ」「ボンバー選抜全員3期はアツい」「ボンバーウーマン白石さんがいないのは寂しい」「2代目ボンバーウーマンはあやちゃん?」などと、バナナマンと乃木坂メンバーのゲームバトルが話題になっていた。

次回の「乃木坂工事中」は8月16日(日)深夜0時からオンエア予定。(ザテレビジョン)