桜庭ななみ主演のオトナの土ドラ「13(サーティーン)」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)が話題だ。13歳で行方不明になった少女が、13年後に突然、家族のもとへ戻ってきて…という衝撃のシーンから始まるクライムサスペンス。イギリスで大ヒットしたBBCドラマ「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」が原作で、日本版の脚本は浅野妙子が手掛ける。

後半戦となる第3話(8月15日[土])の放送を前に、主人公・相川百合亜(桜庭)の父親・相川宗一を演じる神保悟志にインタビュー。作品や共演者の印象、さらに自身の実生活についても語ってくれた。

■ 実生活とは真逆の“嫌な役”に挑戦

神保演じる相川宗一は、娘の百合亜の失踪をきっかけに妻の麻美(板谷由夏)と不仲になり、会社の部下である女性と不倫し、現在別居中。13年ぶりに戻ってきた百合亜のために良き父親ぶりをなんとか見せようとするが、8月8日放送の第2話では、13年間で“大人”になった百合亜から不倫を問い詰められ、ぎくしゃくした気まずい空気になる。

愛妻家であり“良きパパ”として知られる神保は、実生活とは真逆の役どころに「嫌な役でした」と苦笑い。

■ 正直な第一印象は「これ、大丈夫かな?」

――最初に台本を読んだときの印象を教えてください。

神保悟志:繊細な内容で、読んだときのインパクトもとても大きくて、「これ、大丈夫かな?」と思ったのが正直な第一印象です。ただ、撮影が進んでいくうちにそれぞれのキャラクターが魅力的で、このドラマはいい感じに成立するという確信が見えてきました。現場の雰囲気も良く、エンターテインメントとして、とても面白く仕上がっていると思います。

――相川宗一役の印象は? また、演じる上での難しさはありましたか?

神保:不倫で妻とは別居中、外に女の人がいるなんて嫌な役ですよね。このご時世に困ったものです(苦笑)。ただ、娘のことになるととても心配しますし、そういう父親像もちゃんと演じられたと思います。

娘たちからしたら、とんでもない父親ですし、ここで父親としての義務を果たしていかなくてはいけないという思いが彼の中でもあったと思います。とても人間らしい人だとは思いました。

■ 「桜庭さんは人たらしです(笑)」

――桜庭ななみさんとの共演は11年ぶりだそうですね。

神保:「ふたつのスピカ」(2009年、NHK総合)というドラマでご一緒して以来、久しぶりでした。本当に演技が上手になられていて、「とても良い娘さんになられた」と父親気分になりました。共演できてうれしかったです。

――久々の共演で、改めて思うことはありましたか?

彼女は人たらしです(笑)。どこか支えてあげたい、守ってあげたいという気持ちになります。そういう意味では主演にふさわしい方だなと思います。

■ 「家庭に男ひとりですから、気を遣いまくりです(笑)」

――“家族”について、神保さんが実生活で大切にしていることはありますか?

神保悟志:僕にも娘が2人いて、偶然にも相川家と家族構成が同じなんです。うちの場合はとにかくみんなで話をすることを心掛けています。お互いに思っていることは、会話をしないと分かり合えない。僕より妻が主導で「会話をしましょう」という感じの家庭です。

――父親として娘さんに気を遣うところはありますか?

神保:それはもう、気を遣いまくりです(笑)。家庭に男ひとりですから、エチケットとして女性が3人いるという意識の下にいつも生活しています。

■ 激しい展開を楽しんで

――もし続編があるとしたら、どんなストーリーがいいでしょう?

神保:僕はハッピーなお話が好きですが、何かの事件性がないとドラマになりにくいですよね(笑)。ただ、百合亜には幸せになってもらいたいので、続編では幸せになった百合亜を描いていただけるとホッとします。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

神保:非常にデリケートな題材ですが、いろいろな人の立場、角度で見ると大変素晴らしい人間ドラマになっていると思います。全4話なので、目を皿のようにして激しい展開を楽しんでいただけるととてもうれしいです。最後までお楽しみください!

■ 「13(サーティーン)」第3話 (8月15日[土]放送)あらすじ

百合亜(桜庭ななみ)が監禁されていた部屋の地下から白骨死体が発見される。永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は、状況から死体は一樹(藤森慎吾)の弟だと断定するが、調べに対し百合亜は反抗的な態度をとる。

そのころ、一人秘密を抱えて葛藤する麻美(板谷由夏)の元に一通の手紙が届く。それは、百合亜に宛てた一樹からのメッセージだった。

百合亜の身に再び迫りつつある危機を感じた麻美は、ある行動に出る。(ザテレビジョン)