「酒場放浪記」(BS-TBSにて放送)でおなじみの“酒場詩人”吉田類が北海道を旅するシリーズの最新作「吉田類 北海道ぶらり街めぐり 札幌・テラス編」(昼2:00-2:30、HBC北海道放送)が、8月29日(土)に放送される。

今回は真夏の日差しが眩しい北海道を舞台に、札幌市内でアウトドア気分が楽しめるスポットを日下怜奈アナウンサーとともにぶらり旅へ。まずは中央区のスキー場で、アクティビティから体験。

爽やかな風を感じながら水をまいた夏のゲレンデで、吉田はチューブ滑りを、日下アナはスキーを楽しむ。また、ここのテラスでは、週末限定で長沼町産の野菜の絶品ランチバイキングを食べることができる。

夏のスキー場を体験した後は、ワイナリーのテラスでブドウ畑を眺めながら自家製ワインと軽食を味わう。数十種類のワインの中には、リンゴやブルーベリーを使用したものもあり、吉田も個性あふれる味を堪能。

■ 新鮮な北海道の味覚をぞんぶんに味わう!

続いては、農家が始めたスイーツ&直売野菜所へ。酸味のきいた採れたてのイチゴが乗ったソフトクリームは、味のバランスが絶妙。また、緑あふれる公園の中では絶品の味を発見し、十割そばの店や、吉田お目当てのお酒のスポット「ジン」の蒸留所を見学する。

蒸留所では、さまざまなボタニカル(植物)の香りを使用したり、北海道の名産品でもある昆布を使用して作り上げた商品をテイスティング。ほろ酔い気分の2人は、屋外でジンギスカンも堪能する。緑豊かで新鮮な空気を味わいながら、屋外で短い北海道の夏を満喫。最後に詠む吉田の一句も注目だ。(ザテレビジョン)