吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務める映画「きみの瞳が問いかけている」(10月23日[金]公開)の場面写真が解禁。横浜とプロキックボクサーによるファイトシーンが収められている。

同作は、不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)が織りなす愛の物語。

今回新たに公開された場面写真は、キックボクサーの塁を演じた横浜と、キックボクシングイベント“KNOCK OUT(ノックアウト)”に出場している、現役トップクラスのプロキックボクサーによるアクションシーン。

ストイックな役作りによって作り上げられた横浜の肉体美と、迫力ある試合の様子が捉えられている。

役作りについて横浜は「1カ月かけて、キックボクシングで必要な筋トレをキックボクシング指導の方やプロの選手の方々に教えて頂き、10kg体重を増やしました」と告白。

横浜自身、極真空手の世界チャンピオンという経歴の持ち主だが、横浜は「キックボクシングは、空手とは全く身体の使い方が違うので、1からパンチ、蹴りの打ち方を学びました」と語った。

しかしその卓越した身体能力と飲み込みの早さ、上達ぶりはプロも唸るほどだったという。そんな横浜演じる塁の劇中対戦相手として登場するのは、世界の強豪としのぎを削る小笠原瑛作、“天才児”栗秋祥梧、キック界のプリンスと呼ばれる小笠原裕典、“闘将”炎出丸、そして極真世界王者の与座優貴。

中でも、与座は横浜が世界一になった極真空手の大会の準々決勝の相手でもあり、中学生時代は関東圏のトップ選手同士、同じ場所で切磋琢磨したライバル。その後、横浜は俳優へ、与座はプロキックボクサーへと別の道を進んだが、今回共演を果たした。

与座は、横浜について「芸能界で活躍されておりとても刺激を貰っていました」と告白。 さらに、「自分自身世界王者になり、映画の舞台で再会する事ができ非常に嬉しく思います。 今後もステージは違いますが、横浜さんの活躍に追いつけるよう精進していきます」とコメントした。(ザテレビジョン)