ムロツヨシが主演を務める「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第4話が、8月23日(日)に放送された。さくら(永野芽郁)やハタケ(中川大志)らと大学生活を送り、バイトに明け暮れる苦学生・美咲を演じる小野花梨に「気になった」「黒木華みたいになる予感」などといった声が集まり、注目が集まっている。(以下、ネタバレが含まれます)

■ ワルかった高校時代を経てバイトの鬼になった美咲

「親バカ青春白書」は、大学を舞台に父娘と友人たちが送る青春ストーリー。

ムロ演じる小比賀太郎(通称“ガタロー”)は、最愛の妻・幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘・さくらを育て上げたシングル・ファーザー。筋金入りの親バカで、娘が大好きすぎて、娘と同じ大学の同級生になり二度目の青春を謳歌している。

同級生には、恋愛に鈍感なハタケや、広島県出身でコロコロと彼氏が変わる寛子(今田美桜)、底辺YouTuberからバズりを経験して性格が変わってしまった根来(戸塚純貴)らがいる。

第4話では、お金に執着する同級生の美咲(小野花梨)の過去が明らかになった。実家が貧乏で、勉強嫌いだった美咲は不良学校の高校にしか通えず、周りはワルばかり。その頃付き合っていたのがガラの悪い元彼氏(一ノ瀬ワタル)だった。

その後、必死に勉強して奨学金で大学に通うことになった美咲は、ガタローが“まさにバイトの品格…”と驚くほどキビキビと懸命に働いていた。

■ 堺雅人の娘役も演じた元子役の小野花梨

美咲の働くカフェには地元から美咲を追いかけてきた元彼氏が来て大騒ぎに。

最悪の態度で暴れる元彼氏をガタローと共にピシャリと言い伏せた美咲は、目の覚めるような飛び蹴りを元彼氏に食らわせたのだった。過去を断ち切り、自分できちんと歩む道を決めている美咲が、芯の通った女性であるということがよく分かるシーンだった。

美咲を演じる小野花梨は、1998年7月6日生まれ、東京都出身の元子役女優。映画「南極料理人」(2009年)で南極観測隊員・西村(堺雅人)の娘役を演じた際は、堺から“末恐ろしい天才”と演技を絶賛されている。

また、映画も公開されたドラマ「鈴木先生」(2011年、テレビ東京)では鈴木先生(長谷川博己)の教え子で“カーベェ”の愛称で印象を残した生徒、河辺役を演じるなど、着実に演技のスキルを磨いてきた。

■ 衝撃的だった映画「SUNNY―」のギャル役

中でも、小野の演技が光った作品は、2018年公開映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。90年代のコギャル文化で育った女子高生たちが20年後に再会するという物語で、小野は鰤谷(ブリタニ)というドラッグ中毒のギャルを演じている。

ブリタニはメインキャラではないものの、広瀬すず、山本舞香、池田エライザらが演じる仲良し女子高生グループが疎遠になるきっかけを作った物語のキーパーソンであった。陰湿で感じの悪いギャルだったブリタニが、ドラッグにハマリ人格を失ってしまったときの物悲しさと切なさは、見る者の心を捉えた。SNSでは鑑賞後、「ブリタニ役の子、誰?」「小野花梨ちゃん、これから要注目だわ」「黒ギャルの演技すごすぎた」と話題になっていた。

「親バカ青春白書」の放送後にもTwitterに「美咲が気になって好きになってる」「美咲の子まだまだ化けそう!」「小野花梨、伊藤沙莉とか黒木華みたいになる予感」といった、期待の声が上がる。この先も活躍の場を広げるに違いない女優、「小野花梨」の名は覚えておいた方がいいだろう。

■ さくらの恋に進展が!?

次週、第5話は8月30日(日)放送。

元カレ騒動以来、美咲が小比賀家に転がり込んで2ヶ月。ガタローたちは大学2年の初夏を迎えていた。小比賀家の生活に馴染む美咲だが、さくらは年の差を物ともせずやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。さくらは、寛子とハタケに相談するが、今度は寛子とハタケの関係も気になってしまう。

そんな中、ガタローは大学に姿を現さなくなった根来を心配していた。一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。ついにさくらとハタケの恋が動き出す。(ザテレビジョン)