夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(8月22日夜6:30-23日夜8:54、日本テレビ系)では、「笑点」メンバーがKing & Princeのデビュー曲「シンデレラガール」のダンスに挑戦した。

2020年の「24時間テレビ」はメインパーソナリティーを井ノ原快彦、増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太が務める。また、会場は東京・両国国技館を使用。

今回は「動く」をテーマに、「43回目ではなく、新しい日常での1回目」として「離れていても、心を通わせて動き出そう」というメッセージを発信する。

こんな今だからこそ、日本中を元気にと春風亭昇太、林家たい平、山田隆夫の3⼈が挑戦。林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽(六代目)もリモート応援で参加した。

3⼈にダンスをレクチャーしたのは、メインパーソナリティーでもある岸優太。本番では、岸と3⼈の笑点メンバーがパフォーマンスし、踊るだけではなく⽣歌も披露した。(ザテレビジョン)