8月25日に発売された週刊誌「FLASH」(光文社)1572号で、ゆきぽよが自身プロデュースの下着を身にまとい表紙を務めている。また、全ページ下着構成のゆきぽよFLASHデジタル写真集Q「勝負下着」も同時発売された。

バラエティー番組で見ない日はないと言ってもいいほど活躍中のゆきぽよが、今回グラビア撮影に挑戦。同誌では、彼女がプロデュースした下着「noalice by Ryuyu」から厳選した6着を着て、勝負下着について語っている。

Tバックはもちろん、シースルーの透け下着など、セクシーかつカッコいいランジェリー姿を堂々と披露。また、全ページ下着構成のFLASHデジタル写真集Q「勝負下着」も同時発売となり、月額会員制サイト「FLASH Prime」では、メーキング動画、未掲載写真も公開中だ。

下着へのこだわりについて、ゆきぽよは「お尻ってかわいいじゃん。でも、日本で売ってる下着は、そのかわいさをすべて隠してしまうものが多くて。シースルーや網タイツみたいな生地をお尻にまとうことで、女性がかわいくなるお手伝いができたらいいなと思ったの」とコメントしている。

また、同号ではこの春、大学入学を機に上京した“熊本の原石”舞子が初登場。

デビュー直後に「ヤングマガジン」(講談社)で表紙を飾るなど、18歳の期待のスーパールーキーが魅せる、初々しい表情とHカップのド迫力ボディーが堪能できる。

撮影を振り返り、舞子は「沖縄での撮影は初めてだったので、何もかもが新鮮でした! 撮影はもちろん、海のきれいさにも感動しましたし、ご飯がとてもおいしかったです。

あと、私“曇りのち晴れ女”なんですが、本当にそのとおりになったんです! 朝はどんよりしていても、夕方から急に天気が良くなったり、ロケも初日から最終日にかけてだんだんと天気が良くなって…(笑)」と語った。

ほか、女優の芦名星、セクシー女優・三宮つばきのグラビアも掲載されている。(ザテレビジョン)