ムロツヨシが主演を務める「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第5話が、8月30日(日)に放送となる。

本作は「今日から俺は!!」(2018年、日本テレビ系)チームの最新作で、ヒットメーカー・福田雄一監督が手掛けるオリジナルドラマ。

ムロ演じる小比賀太郎(通称“ガタロー”)はシングル・ファーザーで小説家。最愛の妻・幸子(新垣結衣)を病気で亡くし、娘・さくら(永野芽郁)と二人で仲良く暮らしている。ガタロー(ムロ)は、さくらを愛し過ぎるあまり、同じ大学へ入学し、さくらと同級生になってしまう。

そんな、ガタローとさくらが通う大学の同級生には、秋田から上京した真面目な青年・畠山雅治役を中川大志、広島出身で、東京に強い憧れを持つ山本寛子役を今田美桜、YouTuber・根来恭介役を戸塚純貴、ひたすらバイト三昧の毎日を送っている衛藤美咲役を小野花梨が演じる他、野間口徹、谷口翔太、濱田めぐみらが出演する。

■ 注目の第5話

元カレ騒動以来、美咲(小野)が小比賀家に転がり込んで2カ月。ガタロー(ムロ)たちは、大学2年の初夏を迎えていた。

家族の一員のように小比賀家の生活になじむ美咲だが、さくら(永野)は年の差を物ともせず、家でもバイト先でもやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。

ガタローの仕事部屋で小説を読みあさる美咲にただならぬものを感じるさくらは、寛子(今田)とハタケ(中川)に相談。

しかし、やけに小慣れた二人の掛け合いを見て、今度は寛子とハタケの関係も気になりだす。

そんな中、ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来(戸塚)のことを心配していた。YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出し、ある作戦を決行する。

ついに動き出すさくらとハタケの恋。その時、親ばかなガタローは…という物語が描かれる。

「親バカ青春白書」第5話は8月30日(日)夜10:30-11:25、日本テレビ系で放送予定。(ザテレビジョン)