8月28日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、磯村勇斗と四千頭身・後藤拓実が出演する。

オープニングで、キャスターの小澤陽子アナウンサーが後藤の大ファンであることを明かすと、メインキャスターのアリタ哲平(有田哲平)が「報道番組のキャスターがそんなことを言わない方がいい」とピシャリ。ギスギスしたやりとりを繰り広げるキャスター2人に、後藤は困惑してしまう。

一方、番組開始早々ウキウキとうれしそうな磯村。スペシャルゲストとして、アメリカの人気番組を多数手掛ける敏腕プロデューサー、ジョディ・イエガー氏がスタジオに登場するということで、ジョディ氏に憧れる磯村は、笑顔を隠し切れない。

■ 日本の番組を買い付けに!気に入られようと磯村が熱演

特集のテーマは「動画メディア戦国時代 日本のバラエティー番組のここがスゴい!!」。

近年、エンタメ界を席巻しているのが、NetflixやAmazonプライム・ビデオといった定額制動画配信サービス。日本国内でも、今や市場規模2000億円を超える巨大産業へと成長を遂げている。

そんな中、世界各国では他国の番組の演出方法やルールなどを購入する、いわゆるフォーマットの買い付けが盛んに行われているという。

そこで今回は、日本の番組を買い付けるべく、視察のために緊急来日したジョディ氏に、日本のバラエティー番組の魅力を、「脱力タイムズ」ならではの切り口でプレゼンしていく。

ジョディ氏は興味津々の様子で、「日本の地上波バラエティーのレベルは高いと聞いているから楽しみだわ!」と通訳を介してコメント。いいソフトや人材が見つかれば、すぐに買い付けられるよう、“そこそこの金額”を用意してきたという。

そんなジョディ氏の期待に応えようと、アリタは日本のバラエティーの特徴を次々と紹介。ドッキリ番組やグルメ番組の食レポなどの“リアクションの豊富さ”や、再会番組などに見られる“感動”の要素、また、クイズ番組における“正解が分かっていても、あえて不正解を答え続けて現場を盛り上げる手法”など、日本特有のバラエティー演出術を、磯村と後藤の実演を交えて解説していく。

しかし、ジョディ氏に気に入られようと熱演を見せる磯村をよそに、後藤は数々のムチャぶりに大苦戦。ジョディ氏との意思疎通もままならず、ただただ、力なく「どういうこと?」とつぶやくばかり。

■ オーディション緊急開催

続いて、現在日米合作ドラマを企画中というジョディ氏のために、スペシャルオーディションを緊急開催。

ジョディ氏が考えた、とあるシチュエーションのもと、磯村、後藤、そして「あなたの演技が見てみたい」とジョディ氏から指名された全力解説員の岸博幸までもが、即興の芝居を披露する。

さらに、バラエティー番組のプレゼンに飽き足りないアリタは、日本固有の文化である「漫才」を、ジョディ氏に見てもらおうと提案。後藤の2人の相方をスタジオに呼び込み、四千頭身がトリオ漫才を生披露することになる。

■ 磯村勇斗コメント

――収録はいかがでしたか?

他のバラエティー番組とは違う独特な緊張感があって、新鮮で楽しかったんですけど、その分、なんだか変に疲れちゃいました(笑)。今までにない種類の疲れ方というか。自分の役割も多かったので、集中力も求められましたし。

――確かに、いつもの「脱力タイムズ」と比べると、俳優ゲストの負担が大きかったような。

そうですよね?いつもオンエアを拝見してますけど、俳優側がこんなに動いてるのって珍しいんじゃないかなって(笑)。でも、ありがたかったですね、そこは。とても光栄です。

――普段から「脱力タイムズ」はよくご覧になられているんですか?

もちろん!でも、台本がちゃんとあるなんて知らなかったんですよ(笑)。アドリブじゃなかったんだっていうのは、かなり意外でした。

――オファーを受けたときは、どう思いましたか?

すごくうれしかった半面「出ていいの?」って思いました(笑)。「僕が出て大丈夫なのかな」って。

■ 磯村勇斗コメント

――今回、特に印象的だった場面は?

オーディションのくだりは難しかったですね。分かりやすいお芝居を心掛けたつもりなんですけど、どういうテイストの演技をしたらいいのかとか、ちょっと悩んでしまって。

それと、大変だったのはやっぱり、笑うのを我慢すること。完全に自分との戦いでしたね(笑)。後藤さんがときどき、思いもつかないようなことを急に言い出すので、本当にヤバかったです。

――今日の反省点はありますか?

うーん、ちょっと硬かったかなと。もっと柔軟にできたらよかったかなと思いますね。今思うと、台本に縛られてしまったというか。

自分で自分に制限をかけて、不自由な演技しかできなかったっていうのは、俳優として失格だなと思って、大いに反省しています(笑)。いつかまた呼んでいただけるなら、リベンジしたいですね。

――最後に、今回の「脱力タイムズ」の見どころを教えてください。

とにかく、こういったバラエティー番組…じゃなくて、報道番組(笑)に出させていただくのは初めてということで、“真面目にふざけている”僕の姿を見ていただけたらうれしいです。

なかなか他の番組では見られないと思うので、ぜひ注目してください。(ザテレビジョン)