武井咲のドラマ復帰作となる「ドラマスペシャル 黒革の手帳〜拐帯行〜」(テレビ朝日系)が2020年冬に放送されることが分かった。

2017年夏、松本清張作品初挑戦にして、「黒革の手帖」史上最年少の原口元子役に抜てきされ、大きな話題を呼んだ武井。“希代の悪女”といわれる元子を体当たりで演じ、物語が進むにつれ、役とともに大きな成長を遂げていった。

銀座のママにふさわしい凛としたたたずまい、妖艶なしぐさと笑みはまたたく間に視聴者をとりこにし、武井はこの作品でまさに女優としての新境地を開拓した。そんな武井が再び「黒革の手帖」の世界に帰還。3年ぶりの復活となる今作は、武井にとっても記念すべきドラマ復帰作となる。

メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めた元子だったが、連ドラ最終回ではどん底へと転落してしまった。

そして3年の時がたち、時代は平成から令和へ。刑期を終えた元子が、新たなスタートを切るところから物語は始まる。

1958年に松本が発表した短編小説「拐帯行」をもとに、古都・金沢で“希代の悪女”が躍動すべてを失った女が、再び頂点を目指し、はい上がっていく。

■ 武井咲が作品への思いを語る!

今回、約3年ぶりにドラマ復帰を果たすことになった武井。「2017年に『黒革の手帖』の撮影と放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした」と話すほど、今作への思い入れは強く、「3年という時間がたったとは思えないくらい、元子という女性は常に近くにいたような感覚。正直、原口元子という役以外での復帰は考えられませんでした」と、作品へのあれる思いを語った。

連ドラ撮影時を振り返り、「いろいろなご意見もいただいて、それに対するある種の闘争心を燃やしながら取り組んでいました。そういう意味でも元子と重なる部分があり、演じ終えたときの達成感は今でも鮮明に覚えています」と武井。

今作で再び元子を演じられることになってからも「“こうしたいな”“あぁしたいな”って考え出すと止まらなくなってしまって、夜も眠れなくなってしまうんです!」と、作品に没頭していることを明かした。

武井自身も「愛情深い」と語る「黒革の手帖」。「私自身も刑務所を出た元子の新たなスタートに胸が踊ったので、皆さんにも元子の行く末を見届けていただきたい!」と呼び掛けた。

■ 武井咲のコメント全文

2017年に「黒革の手帖」の撮影と放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした。3年という時間がたったとは思えないくらい、元子という女性が常に近くにいたような感覚でしたので、正直、お芝居への復帰は「元子じゃないと」「『黒革の手帖』じゃないと」という強い思いがあったんです。なので、今回のお話をいただいたときは本当にうれしかったです!

「黒革の手帖」は、特別でとても大切に思っている作品。連ドラを撮影しているときもいろいろな方からいろいろなご意見をいただき、それに対するある種の闘争心を燃やしながら取り組んでいました。

そういう意味でも元子と重なる部分があり、演じ終えたときの達成感は今でも鮮明に覚えています。

私の中で元子という女性のイメージはもう出来上がって固まっているのですが、それでもやっぱり「こうしたいな」「あぁしたいな」って考え出すと止まらなくなってしまって、夜も眠れなくなってしまうほど! それくらい今は毎日楽しい現場を過ごしています!

■ 武井咲が語る「黒革の手帖」の良さとは?

今回のスペシャルは連ドラとはまた違ったストーリー。元子が刑務所から出てきた“その後”を描いています。私個人としても、その始まり方といい、ストーリーの駆け上がり方といい、演じていて“燃えます”! 悪女は楽しい! 元子のようなキャラクターってなかなかいないですからね(笑)。

着物を着て、豪華なクラブのセットに立つと、見えないたくさんのスタッフさんたちから背中を押してもらっているような気持ちになるんです。チームが同じ熱量で作品に挑めているので、毎日楽しくて本当に幸せです。

ドラマのお仕事に復帰させていただく記念すべき作品になるので、私自身もとても愛情がありますし、生半可な気持ちでは立てない現場だということは連ドラのときに身に染みて分かっていたので、今回も私なりに精いっぱい準備して挑みました。

私もいち「黒革の手帖」ファンとして、刑務所を出た元子の新たなスタートに胸が踊ったので、皆さんにも元子の行く末をぜひ見届けていただきたいです。絶対に期待を裏切らないストーリーが待っています!(ザテレビジョン)