グラビアアイドルの穂波はるが、東京・ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館でDVD「癒されて」(エスデジタル)のリリースイベントを開催し、インタビュー取材に応じた。

今回が初めてのDVD撮影という穂波。苦労した点について「ポーズとか、いろいろ教えていただかないと自分ではできなくて。

ポーズとか表情とか、まだまだ足りないので、本当に緊張しっぱなしでした。気が付いたらもう終わった…という感じです(笑)」と苦笑い。

そんな記念すべきファースト作品に点数を付けてもらうと「そうですねぇ〜でも頑張ったので…95点です。5点は伸びしろです」と、次回作以降へ意欲をのぞかせた。

そして今後の目標については「今回は、時期的にも近場の千葉での撮影だったんですけど、ゆくゆくは沖縄とか、夢は大きく海外で…ビーチっぽいシーンががっつり撮影できるといいなと思います」と憧れを口にした。

■ 前職は整体師

前職が整体師という穂波。今作では、マッサージのシーンも盛り込まれている。

グラビアアイドルに“転職”したきっかけについて「祖父のことが大好きで、幼少期の頃に“視聴者のはがきコーナー”で、おじいちゃんが私の写真を出して(採用されて)もらってから、もう一度テレビで私を見たいと言ってくれるんですよ。

『死ぬまでにもう一度』みたいに言ってくれるんで(笑)、おじいちゃんの夢を。おじいちゃんは喜んでくれました」と意外なエピソードを披露した。

ちなみに穂波自身が考えるグラビア的チャームポイントについて「他の人に言われて最近気付いたんですけど、腰からおしりにかけての曲線美みたいのがいいと言われることが、今回のDVDでも多かったので、今度からおしり推しでいこうかなと思います(笑)」とアピールしていた。(ザテレビジョン)