橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)と注目の酒蔵・松本酒造とのコラボで生まれた日本酒「守破離橘」第2弾、<守破離橘2019-2020>がこのほど完成した。ボトル販売は10月4日(日)に開始。飲食店での提供も順次スタートしていく。

■ “米”に特化した“守破離IDシリーズ”

パフォーマーとしての活動のかたわら、“日本酒”をライフワークとしてここ数年様々な活動を行ってきた橘ケンチ。

「現代の日本酒の味わい深さ、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」という覚悟を持って、実力派酒蔵や日本酒界のキーパーソンたちと交流を深めてきた。このコロナ禍の中で、「酒や文化の持つ底力が今こそ多くの人の心に灯をともすはず」と、さらにその想いを強くしている。

2度目の共演となった松本酒造も、橘が絆を深めてきた蔵元のひとつ。「日本酒や食に対する考え方への共感はもちろん、世代も近く音楽的な共通点も多い松本酒造の杜氏・日出彦さんとの取組を重ねられたことで、日本酒はもちろんのこと、酒造りと密接につながる第一次産業への新たな気づきも得られました」と橘は語る。

そんな思いの元、橘と松本酒造は“守破離IDシリーズ”としてこの冬の造りに向き合ってきた。

“守破離IDシリーズ”は、日本酒のアイデンティティ(ID)を表す重要なエレメンツのひとつである“米”に特化。田んぼ別に醸した松本酒造を象徴する銘柄のひとつであり、〈酒米の育った田んぼの環境を含めて存在証明を可能にした日本酒〉となっている。

〈守破離橘〉も兵庫県加東市秋津エリアは岡本村産の山田錦を使用、この作品のみに与えられた番地=〈ID597〉を再び継承した。それぞれのお米自体が持つ圃場由来の異なる個性は造りにも反映されており、しっかりと味わいとして落とし込まれている。

■ 期間限定ムービーが視聴可能

<守破離橘2019-2020>は順次飲食店での提供を開始するほか、はせがわ酒店(東京)、酒のやまもと(大阪)の2ショップにて10月4日(日)よりボトル販売がスタート。10月3日(土)には橘、松本日出彦杜氏が出席する<守破離オンラインの会>開催も予定されている。

今年のボトルでは、裏ラベルに印刷されたQRコードを読み取ることで期間限定公開のエクスクルーシブムービーにアクセスできるというおまけつき。ムービーには橘と松本日出彦氏の対談などが収録されており、今作が“日本の農業の未来をも見据えて生み出されたアイテム”であることを映像として体感できる仕掛けになっている。

9月4日(金)発売となる『Discover Japan』10月号の橘ケンチレギュラー連載にて、発売に関する情報、および蔵元との対談インタビューが掲載される。

■ 橘ケンチ「次を見据えたいい流れが作れた」

「前作と同じ597というIDを持つ田んぼで収穫されたお米を使ってこの冬仕込んだ、松本酒造さんとの守破離橘第2弾が完成しました。前回から今回へと時間を経るごとに蔵の思い描くビジョンに対する理解を深められた気がします。それは、初年度以上に原料である米の重要性を意識した上で、次を見据えたいい流れが作れたということ。改めて農業の現実も含めて発信して、多くの方々に日本酒の持つ魅力や背景を知っていただけたらと考えています。

そして、今作ではQRコードによる特別な施策としてエクスクルーシブムービーも実現しました。杜氏である日出彦さんとの対話を介して〈誰がどんな想いで作品を創り上げているのか〉という真意を知ることで楽しみ方が広がっていくというか、ある意味幸せの価値を高めていけるのではないかと思っています。

また、本来直接お会いして乾杯したかったんですが、まだまだ気をつけないとならない状況の中でみなさんとつながってお酒を味わうとしたら…と考えて、リリースを祝う場もご用意する予定です。限られた人数で、日出彦さんにもご一緒していただきつつ、さらにボトルの店頭販売前という超プレミアムな時間になると思います。個人的にも公に初となるオンラインの会でわくわくしていますので、みなさんもぜひご期待いただけたらと思います」

■ 松本日出彦氏「初年度よりケンチさんとの関係が深められた」

「よく言われていることかもしれませんが、改めて日本酒は米と水と人という3要素からできていて、私自身も酒造りにおいてチームワークは最も大事だと思っています。

2年目となったこのコラボも、同じ田んぼを眺めて風土を感じて、ともに水を飲み、酒を造る中で初年度よりもケンチさんとの関係が深められた。互いに信頼し合って共感する要素が増えたという意味でも、より内容を濃く創り上げてきたものがこのタイミングでリリースできることとなりました。今回はコラボの背景を感じられる映像が組み込まれているなど、今までありえなかった楽しみ方も堪能していただけると思います。

特に今年は今なお大変な状況にありますが、制限や負荷がかかることで余計に潜在能力が発揮されたと思うんです。農家さん、私たち蔵の人間、ケンチさんを始めスタッフの方々、酒販会社さんというそれぞれのポジションのプロフェッショナルがバトンをつないだ感覚があって、まさにお客さんはそのバトンの行きつく先であるフィニッシャー。みなさんが心地よく食事の時間を過ごす時に、映像はもちろん、この守破離橘という日本酒が傍らにあってくれたら、我々がやってきた仕事も報われるような気がすると同時に、また次につながって行くんだと思います。我々の真剣かつ楽しんで創り上げたものが、みなさんにとってハッピーなものになれることを心から願っています」(ザテレビジョン)