10月2日(金)公開の映画「トロールズ ミュージック★パワー」から、上白石萌音とウエンツ瑛士が息ぴったりのハーモニーを響かせる「Girls Just Wanna Have Fun」をアレンジした劇中歌「Trolls Wanna Have Good Times」の吹替えを収録した歌唱シーンのアフレコ映像が解禁された。

ドリームワークス・アニメーションが「ボス・ベイビー」に続くキャラクターとして世に送り出したトロールズは、海外ではテレビシリーズや劇場版で全米をはじめ世界的に大ヒットし、全世界の女子たちから人気のキャラクター。

コロナ禍の環境で、全米では4月10日に劇場とPVOD配信で同時にリリース。その後、劇場で9週連続No.1を樹立し、オンデマンド配信でも初日売上は史上No.1の記録となる500万以上の世帯が視聴する大ヒットとなった(ユニバーサル調べ)。

今回、解禁となった映像は吹替えキャストたちが名曲を軽やかに歌い上げるアフレコ歌唱シーン。主人公ポピー役を演じる上白石と、ポピーに思いを抱く親友・ブランチ役を演じるウエンツはシンディ・ローパーの名曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」の替え歌「トロールズ・ワナ・ハブ・グッド・タイムズ」を軽やかな歌声でハーモニーを響かせる。

本国ではアナ・ケンドリックがポピーの声を務めているが、上白石は外国人のボイストレーナーに指導を受けながら、普段とは異なる歌い方に挑戦。

上白石は「一番最初にポピーが出てくる歌だし、単純にキーも高かったり、すっごく高いテンションを保ちながら歌う歌でもあったので、めちゃくちゃ楽しいんですけど、やっぱりエネルギーがとても必要でした。日本語でも英語みたいなノリの心地よさを出したいなと思ったので、そこはご指導を仰ぎながら、いっぱいイメージをしながらやりました」と苦労を明かしたが、事前にせりふを覚え、台本を持たないアフレコスタイルで、ポピーと一心同体さながらの歌声を披露している。

また、ロンドン留学で演劇を学んでいたというウエンツは、オリジナル版を先に英語で歌って練習もしていたと言い、「ジャスティン・ティンバーレイクさん(ブランチ役)が歌っている感じでやらせてもらいました。ブランチの心の移り変わりなどは(英語版の)せりふからも汲み取れて、日本語のせりふにも反映しやすかったですし、日本語に訳した時にこういうせりふにしたんだっていう流れが分かるので、僕自身も納得して収録ができたと思います」と語る。

二人とも本国キャストの歌声を参考にしながら、収録が別々だったことを微塵も感じさせない息ぴったりのアフレコを務めあげている。

本作で登場する楽曲の日本語歌詞監修は、元SUPERCARのギタリストで、作詞家としてこれまでに600曲以上を手掛けるいしわたり淳治が担当している。(ザテレビジョン)