浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。9月9日(水)放送の第5話から登場する新キャストとして、吉沢悠が出演することが決定した。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

お互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった2人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

だが、七桜の正体を知ってしまったおかみ・今日子(観月ありさ)をはじめ、一度は今日子と結託して七桜を罠にはめようとした職人・城島(高杉真宙)、椿との深い確執がある大旦那(佐野史郎)、七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)、多喜川からの依頼で七桜の母親を演じる女性・夕子(須藤理彩)など、敵なのか味方なのか、判然としない人物ばかり。

そんな中、第5話で新たに怪しい登場人物が現れる。地元の有力者である市議会議員の溝口真之介(吉沢)。夕子が営む料理店を突然訪れた今日子と、たまたま客として現れた溝口との会話からは、2人の浅からぬ仲がうかがえる。

■ 吉沢悠コメント

15年前の、世間に知られてはいけない「光月庵の秘密」を知る市議会議員の溝口真之介として、ストーリーのラストまでかき乱していきますよ!

高月今日子役の観月ありささんと、“オトナ”の怪しい雰囲気で、若い2人の恋路にお邪魔していきたいと思います。乞うご期待ください。

■ 9月9日(水)放送 第5話あらすじ

七桜(浜辺美波)の母を演じていた夕子(須藤理彩)の小料理屋に、突然現れた今日子(観月ありさ)。卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決める。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿(横浜流星)への思いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。

そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいとうそを重ねる。

しかし、そこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める。苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子にあいさつに行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとする。

椿が七桜のため、夕子に結婚式に出てほしいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明け、うそのない関係になろうと覚悟を決める七桜。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。

七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。(ザテレビジョン)