斎藤工がCMキャラクターを務めるCM「読売新聞 タクミ読売の森」編が、9月8日(火)から全国でオンエアされる。

環境に配慮した新聞制作・発行や、配送に取り組んでいる読売新聞社。同CMでは、読売新聞東京本社と読売新聞販売店(YC)、古紙回収業者で組織する「読売リサイクルネットワーク」が2013年から行っている、植樹活動「読売の森」事業を紹介していく。

CMで、白いコートを羽織り、ターコイズブルーの帽子を被った斎藤は、埼玉・東秩父村にある「読売の森」へ。「読売の森」を散策し、青々と茂った木々の間を歩いたり、木の幹に耳を当てて水音を聞いたりと、美しい自然を堪能する。

葉からこぼれるしずく、かれんな花々、鳥のさえずりなどに癒やされた斎藤は、目を閉じて大きく深呼吸。切り株の上の落ち葉を払うと、そこには「読売新聞の70%は再生紙からできている」ことが書かれていた。

森の奥で待つ読売新聞販売店(YC)のスタッフから苗木を受け取り、一緒に植樹を行う斎藤。優しい表情で丁寧に苗木を植える斎藤の周りには、「読売の森」が豊かに広がっていく。

CMの撮影は7月中旬に実施。斎藤は現場に入った直後、コロナ対策でフェースシールドやマスクを着けているスタッフに開口一番、「暑くないですか、大丈夫ですか?」と声を掛ける。

そんな優しい気遣いから始まった収録は終始、和やかな雰囲気で進行。「ミストサウナにいるみたい」と斎藤が思わずつぶやくほどの霧だったが、結果として各シーンに幻想的な雰囲気を漂わせてくれることに。

CM撮影後には、ポスターなどに使うグラフィックも撮影。斎藤が穏やかな表情で苗木を持つポーズなど、見ているだけで癒やされる作品となった。

■ 斎藤工コメント

新聞紙は木から作られているので、新聞とは自然の恩恵の元にできているメディアであるということを再認識しました。

読売新聞社が、自然との関係性を大切にして植樹活動に取り組み、「地球に戻していく」という意識を持って新聞を発行していることに感動しました。(ザテレビジョン)